「たいおんけい」とは?

言葉 詳細
体温計

概要 (Wikipediaから引用)

体温計(たいおんけい)は、動物の体の温度(体温)を計測するための温度計。人間の体温を測ることを目的したものでは概ね32℃から42℃までの範囲を測定できる。42℃以上を測定できない(電子式では「H℃」などと表示される)のは、体温が42℃を超えるような生命の危機に瀕した状態においては正確な体温を測定することにあまり意味がないためである。 最初に体温計を考案したのはイタリアのサントーリオ・サントーリオで1609年(1612年説もある)のことである。サントーリオ・サントーリオはガリレオ・ガリレイの同僚であり、その発明である温度計を使って人体の温度を測定したことで知られている。 表示方式による分類 アナログ式 液体や気体の熱膨張によって測定し、刻印されている目盛りから体温を読み取る。測定液には水銀を利用した棒型のものが一般的である。長く使用されていたが、使用前の目盛を最低温度以下に戻す操作に強く何度も振る必要があるなど手間がかかる、損傷(特に前述の目盛を最低温度以下に戻す操作で発生しやすい)した際に毒性を持つ水銀が流出するなどの安全性の問題などから、次項のデジタル式の高精度化や低価格化が進むに連れ、少なくなりつつある。