「たいか」とは?

言葉 詳細
太華

概要 (Wikipediaから引用)

名称=太華山 標高=362 所在地=山口県周南市 山系=-太華山(たいかざん)は、山口県周南市南端の大島半島 (山口県) 大島半島にある標高362mの山。瀬戸内海国立公園の観光地である。標高は362mと高くないが、山頂から西に徳山湾と大津島、東に笠戸湾と笠戸島への眺望が開けていて、ハイキングコースとして市民に親しまれている。山頂には、与謝野鉄幹の詩碑、佐藤栄作元首相の顕彰碑がある。中華人民共和国 中国の昆明に同名の山がある。山陽自動車道徳山東インターチェンジ 徳山東ICから国道2号、山口県道347号下松新南陽線 県道下松新南陽線、山口県道366号徳山下松線 県道徳山下松線を櫛ヶ浜駅 櫛ヶ浜方面に向かう。公共交通機関であれば、山陽本線櫛ヶ浜駅から防長バス(奈切行き)で10分程度で、登山口まで行ける。また、山頂付近まで車で上がることもできる。

大化

概要 (Wikipediaから引用)

大化(たいか)は、日本で最初の元号。西暦でいう645年から650年までの期間を指す。 改元 『日本書紀』によれば「天豊財重日足姫天皇の四年を改めて大化元年とす」と記され、皇極天皇4年6月19日(ユリウス暦645年7月17日)の孝徳天皇即位のときから実施された。 大化6年2月15日(ユリウス暦650年3月22日)白雉に改元。 勘申者 不明 大化期に起きた事件 645年(大化元年) 東国などの国司に戸籍の作成、田の調査を命じる。難波長柄豊崎宮へ遷都。 646年(大化2年) 改新の詔(大化改新の詔)、薄葬令を発する。 647年(大化3年) 七色十三階の官位を制定する。 648年(大化4年) 磐舟柵を造る。 649年(大化5年) 官位十九階を制定する。蘇我倉山田石川麻呂、謀反の疑いをかけられ山田寺で自殺する。 西暦との対照表 出典 『書経』(『尚書』)大誥 「肆予大化誘我友邦君」 『漢書』巻56 「古者修教訓之官務以徳善化民、已大化之後天下常亡一人之獄矣」 『宋書』巻20 「神武鷹揚、大化咸煕」。

耐火

概要 (Wikipediaから引用)

『』より :

大廈

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

大火

概要 (Wikipediaから引用)

大きな火事のこと。火災を参照。 さそり座α星のこと。アンタレスを参照。

大家

概要 (Wikipediaから引用)

「大家」(ダージャー)は、日本の歌手・一青窈の2枚目のシングルである。2003年3月19日発売。発売元はコロムビアミュージックエンタテインメント(現:日本コロムビア)。 前作から6ヶ月ぶりとなるシングル。一青の亡き父親に捧げる曲であり、曲の最後は中国語で歌われている。歌詞にあるあの遊園地とはよみうりランドを指している。 収録曲 (全作詞:一青窈/編曲:武部聡志) 大家(4:49) 作曲:マシコタツロウ 音木箱(4:18) 作曲:武部聡志 あこるでぃおん(4:28) 作曲:武部聡志 アルバム『月天心』に収録されていた曲のロングバージョン。NHK教育テレビ『福祉ネットワーク』オープニングテーマ。 収録アルバム 大家オリジナル『一青想』 ベスト『BESTYO』 ライブ『一青窈 CONCERT TOUR 2008「Key〜Talkie Doorkey」LIVE CD @ NHK hall』あこるでぃおんオリジナル『月天心』 ベスト『BESTYO』。

対価

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

大過

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

滞貨

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

退化

概要 (Wikipediaから引用)

退化(たいか)とは、生物の個体発生もしくは系統発生の過程において、特定の器官、組織、細胞、あるいは個体全体が次第に縮小、単純化、時には消失することである。一般語としての退化は進化の対義語と位置づけられ得るが、生物学において退化は進化の一側面であり、対義語ではない。 個体発生における退化 個体発生の場合の退化、つまり一つの個体について見た場合の退化とは、発生や成長の段階で、ある器官やその一部が構造、機能において縮小、萎縮、消失してゆくことを指す。本来の発生過程として起きる場合と、病的な理由など、外的要因で起きる場合とがある。例えば、多くの脊索動物は成長の過程で脊索が脊椎と置き替わるが、これを「脊索が退化して脊椎に置き換わる」などと表現することがある。個体発生における退化は脱分化による形態の単純化、逆成長による生体量の減少などによる。これらの現象はまとめて萎縮と呼ばれる場合もある。個体レベルの意義としては、退化は老化現象として真の衰滅過程を構成する場合と、(ベニクラゲのように)個体の若返りをもたらして再び発生を可能にする場合とがある。