「たいきょ」とは?

言葉 詳細
太虚

概要 (Wikipediaから引用)

太虚(たいきょ、光緒15年12月18日(1890年1月8日) - 1947年3月17日)は、中国で中華民国時期を中心に活躍した僧である。釈太虚とも呼ばれる。 事跡 南京の毘盧寺の僧である。 1912年(民国元年)、師である天童寺の敬安が、湖広総督の張之洞らを中心とした、「中体西用」思想に基づいた廟産興学運動により、各地の仏教寺院を没収し、学校教育のための施設や費用に充てるという施策の進行に反対し、憤死した。これに発奮した太虚は、仏教界の革新・粛正を企図して『覚社叢書』を発刊、自身の『整理僧伽制度論』を収載した。 また、武昌仏学院を設立して人材育成のための青年僧教育機関の経営に乗り出した。そこからは、印順らの優秀な後継者が出た。 更に、世界の仏教徒の協力の必要性を説き、世界仏教連合会を組織、月刊『海潮音』を創刊した。 著書・年譜 『太虚大師全書』 『太虚大師年譜』。

大挙

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

退去

概要 (Wikipediaから引用)

退去強制(たいきょきょうせい)とは、出入国管理及び難民認定法(入管法)に定められた行政処分の一つで、日本に滞在している外国人を強制的に日本から退去させることをいう。退去強制の処分に至るまでの調査・審理手続を含めて言うときは「退去強制手続」という。関係官庁内では「退去強制令書」を縮めて「退令(たいれい)」と略され、報道等では俗に「強制送還(きょうせいそうかん)」、「国外退去処分(こくがいたいきょしょぶん)」と表現される。 なお、同法には日本国外の領域から日本に入国(正確には上陸)しようとして拒否される処分(退去命令。略称・退命)があるが、退去強制とは趣旨・条項・罰則等が全く異なる別概念ものとされている。報道等ではこちらも「強制送還」、「国外退去」と表現することがあり、両者を混同して認識する例が少なくない。 退去強制事由 出入国管理及び難民認定法第24条各号所定の退去強制事由を要約して列記。この場合「本邦」とは日本国を指す。正確な退去強制事由は条文参照。(法令データ提供システム) 有効な旅券を所持せず本邦に入った者、又は入国審査官から上陸の許可を受けないで本邦に上陸する目的を有して本邦に入った者(1号) 入国審査官から上陸の許可を受けないで本邦に上陸した者(2号) 在留資格を取り消された者(2号の2) 在留資格を取り消された者で、出国に必要な期間を経過して本邦に残留する者(2号の3) 他の外国人に不正に上陸許可、在留資格の変更許可、在留期間の更新許可等を受けさせる目的で、文書等を偽造し、偽造文書等を行使、貸与等をした者(3号) 本邦に在留する外国人(仮上陸の許可、寄港地上陸の許可、通過上陸の許可、乗員上陸の許可又は遭難による上陸の許可を受けた者を除く。