「たいきょく」とは?

言葉 詳細
大局

概要 (Wikipediaから引用)

『』より :

太極

概要 (Wikipediaから引用)

太極(たいきょく、簡体字:太极 ピンイン:tàijí、タイチー)とは、『易』の生成論において陰陽思想と結合して宇宙の根源として重視された概念である。道教や儒教(宋学・朱子学)に取り入れられた。 中国の思想、太極は万物の根源であり、ここから陰陽の二元が生ずるとする。もともとは『易経』繋辞上伝にある言葉で「易有太極 是生兩儀 兩儀生四象 四象生八卦 八卦定吉凶 吉凶生大業」(易に太極あり、これ両儀を生じ、両儀は四象を生じ、四象は八卦を生ず。八卦は吉凶を定め、吉凶は大業を生ず)といったように易の八卦の生成過程、ひいては天地万物の生成論を示すものであった。これは道家の生成論として用いられた太一と類似する。 この生成論は早くに陰陽思想と結びつけられ、漢代、両儀は天地または陰陽、四象は四時の気、太極は春秋学から生まれた元気(根元の一気)の概念に措定され、元気-陰陽-四時-万物と解釈された。

対極

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

対局

概要 (Wikipediaから引用)

対局時計(たいきょくどけい)は、2人ゲームの競技者の持ち時間を表示し、ゲームの時間管理を行なうために使用される特別な時計。チェス・クロックまたはゲーム・クロックとも呼ばれている。 囲碁、将棋、チェス、その他のボードゲームの対局時に用いられる。 アナログ式とデジタル式の2種類がある。 1台に2つの時計があって、対局者双方の持ち時間が表示される。自分側のボタンを押すと自分の時計が止まり、それと同時に相手側の時計が動き出すようになっている。 詳細 対局時計の向かって左側を「時計A」、右側を「時計B」とする。 その上にあるボタンは、それぞれ「ボタンA」および「ボタンB」とする。 時計Aが先手側、時計Bが後手側にあるものとする。 アナログ式 アナログ式は、文字盤の長針と短針によって残り時間(時間の経過)を表示する。 ボタンAとBの両方を「半押し」にすることにより、時計を両方とも止めたままにすることができる。どちらかのボタンが完全に押されるまでは、この状態のままになる。