「たいほ」とは?

言葉 詳細
大保

概要 (Wikipediaから引用)

大保駅(おおほえき)は、福岡県小郡市大保にある西鉄天神大牟田線の駅である。 1924年(大正13年)4月12日 - 開業。 1999年(平成11年) - 西口開設。 2008年(平成20年)5月18日 - ICカードnimoca供用開始。 駅構造 相対式ホーム2面2線の地上駅。有人駅で、下りホーム側に駅舎がある。駅舎と上りホームは構内踏切で結ばれている。上りホーム側には、自動改札機2機のみの改札口が設置されている。 下りホーム側には、自動改札機1機、自動券売機1機設置されてある。 利用状況 2014年度の1日平均乗降人員は2,837人である。各年度の1日平均乗降人員は下表のとおり。 駅周辺 隣の駅 西日本鉄道 ■天神大牟田線 ■特急・■急行 通過 ■普通 三沢駅 - 大保駅 - 西鉄小郡駅 脚注 関連項目 日本の鉄道駅一覧 外部リンク 大保駅(西鉄沿線web)。

退歩

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

逮捕

概要 (Wikipediaから引用)

逮捕(たいほ)とは、捜査機関または私人が被疑者の逃亡及び罪証隠滅を防止するため強制的に身柄を拘束する行為をいう。検挙とも言う。 現行法上、逮捕による身柄の拘束時間は原則として警察で48時間・検察で24時間の最大72時間(検察官による逮捕の場合は48時間)である。 逮捕の諸原則として逮捕前置主義・事件単位の原則・逮捕勾留一回性の原則がある。 逮捕の種類 現行法上、逮捕には次の3種類がある。 通常逮捕 緊急逮捕 現行犯逮捕 通常逮捕 通常逮捕とは、事前に裁判官から発付された令状(逮捕状)に基づいて、被疑者を逮捕することである(憲法33条、刑訴法199条1項)。これが逮捕の原則的な法的形態となる。 逮捕状の請求権者は、検察官又は司法警察員である(刑訴法199条2項)。逮捕状の請求があったときは、裁判官が逮捕の理由(「被疑者が罪を犯したことを疑うに足りる相当な理由」。嫌疑の相当性)と逮捕の必要を審査して、逮捕状を発付するか(同条、刑事訴訟規則143条)、請求を却下するか判断する。