「だ」とは?

言葉 詳細

概要 (Wikipediaから引用)

打点(だてん)は、野球において選手を評価する指標の一つ。英語では”Run batted in” と言い、”RBI” と略される。打者が打席において正規のバッティング 打撃を行った結果、安打、犠牲バント 犠打、犠牲フライ 犠飛、野手選択、押し出し四死球、打撃妨害、走塁妨害などで走者が得点した場合、また自身がホームラン 本塁打を放ち得点した場合に打点が記録される。内野ゴロの間に走者が生還した場合にも与えられるが、併殺打で走者が生還しても打点は与えられない。 1打席に記録される最多の打点は、満塁本塁打による4打点である。 打点は選手個人の能力のみでなく、チームメイトの能力に大きく影響される。例えば足の速い走者と遅い走者では、1本の安打でのホームインの成否に差が出る。一方、選手個人の打点はそのままチームの得点に加えられるため、チームの成績に直結する指標である。

概要 (Wikipediaから引用)

『東濃鉄道駄知線』より : 駄知線(だちせん)は、かつて岐阜県土岐市内の土岐市駅から東駄知駅までを結んでいた東濃鉄道の鉄道路線である。 大正時代に駄知町の窯業経営者の籠橋休兵衛が主体に、建設沿線の主産業である陶磁器原料および製品を運搬する目的で駄知鉄道として敷設された。当初、国鉄中央本線建設時に現在のルートに対し、陶磁器産地ルート「岐阜県恵那郡大井(現恵那)- 恵那郡陶 - 岐阜県土岐郡駄知 - 土岐郡下石 - 土岐郡笠原 - 愛知県東春日井郡瀬戸」に変更する運動が駄知を中心に激しく行われたが結局現ルートとなり、中央本線につながる陶磁器運搬のための鉄道路線を望んでいた駄知町が計画した。当初駄知から一番近い瑞浪駅に接続する路線を計画したが、資金不足で免許が下りず、同じ陶磁器産地の下石町などの協力を得、現ルートで建設された。旅客営業も行っていたが、昭和47年7月豪雨による橋梁の流失で営業休止に追い込まれ、そのまま廃止となった。同鉄道は笠原線も運行していたが、後に笠原線も廃止となり、鉄道事業を完全に廃止することとなった。

概要 (Wikipediaから引用)

『スペーシア』より : スペーシア 日本板硝子が製造する、中を真空にした複層ガラスの名称。 東武100系電車の車両愛称。 東武鉄道が運行する特急列車の内、主に2.を使用して東武日光線・東武鬼怒川線 鬼怒川線経由で運行される特別急行列車 特急列車の総称。「けごん」と「きぬ」がある。本稿では3.の特急「けごん」・「きぬ」とあわせ、同線や東武宇都宮線 宇都宮線を走る特急「きりふり」・「ゆのさと」・「しもつけ」、新宿駅~鬼怒川温泉駅間を山手線・東北本線(宇都宮線)・東武日光線・鬼怒川線経由で運行する「スぺーシアきぬがわ」、東日本旅客鉄道(JR東日本)が同区間を運行する「きぬがわ」、新宿駅~東武日光駅間を運行する「日光」、および東武鉄道・日本国有鉄道(国鉄)~JR東日本における、それら日光・鬼怒川方面に向かう優等列車の歴史について著述する。