「だい」とは?

言葉 詳細

概要 (Wikipediaから引用)

代(しろ)は代理の意。 代価・代金。お代(おだい)。 材料。 あることのために要する部分。「縫い代」「糊代」など。 田。またそれを測る単位。稲一束を得る田の面積とされ、律令制においては一段の1/50。⇒代 (単位)代(だい)は代わる・代理ですることを意味する。 家督や地位を継いで、その身分である期間。 家や地位の継いだ順位を指す助数詞。 代を重ねることを「代々」という。また、それぞれの代を「歴代」という。 年齢や番号などのおおよその範囲を指す接尾辞。年齢や年代の場合「50代」「1980年代」など10未満切捨ての満年齢に代を付ける。⇒世代 地質時代の区分。かつては最大の区分であったが、2004年以降は上に累代(Eon)が設けられた。⇒代 (地質学) 代わりとなる物や人。 転じて商品やサービスの代価として支払う料金。代金。 掛軸の大きさの単位。浄土真宗各派では、仏壇用の本尊として本山寺院から掛軸を受けるが、昔は30文で頂ける掛軸を「30代」、50文で頂ける掛軸を「50代」…と言ったことから。

概要 (Wikipediaから引用)

台(旧字体:臺) 台(たい) 天気図で台風を示す文字。台(タイ) 台湾の略称。 台湾省の省道の頭につける文字。台1線、台2線等と表す。台(だい) 数学において関数が特定の値を取らない範囲である台は台 (数学)を参照。 数学において加群の台 (support) 数学において加群の台 (socle) 物を載せるための基盤や平たいもの。 機械や車両の数を示す助数詞。 印刷・製版における大きさの単位。 数量の大まかな範囲を示す接尾辞。 地名:日本各地にある。 岩手県花巻市の地名。旧稗貫郡湯本村大字台。温泉地として有名。→台温泉 栃木県小山市の地名。 埼玉県日高市の地名。台の高札場跡がある。 埼玉県朝霞市の地名。旧新座郡臺村。→台 (朝霞市) 埼玉県久喜市の地名。旧・南埼玉郡䑓村。 埼玉県大里郡妻沼町にあった旧地名。現在の熊谷市妻沼台。 茨城県つくばみらい市の地名。旧谷和原村。 千葉県君津市の地名。→台 (君津市) 千葉県君津郡小櫃村にあった旧地名。現在の君津市小櫃台。 千葉県勝浦市の古道、市が坂に存在した宿場。

概要 (Wikipediaから引用)

大(おお、だい) 形、数量、様相、功績などが、標準や同種の平均的な物を超える物。対義語は小。 形や数量 形や数量が、形や数量などが、外の同種の標準的な物を超えている物。接頭辞として用いられる。 諸島(半島を含める場合もある)を二分し、面積の大きい方を指す接頭辞としても用いられる。例:「大ブリテン島」及び「小ブリテン(半島)」。 一万円紙幣を意味する俗語。(千円が"小"、五千円が"中") 大学の略。接尾辞として用いる。 大の月。→月 (暦)、月の大小 大便。→糞 地名の一つ 和歌山県西牟婁郡白浜町大 → 川添村参照 岡山県苫田郡鏡野町大 → 富村参照 歴史的に同姓同名で血縁関係を有する人物を区別する際に、年長者や一世、或いは代表的人物を「大○○ (major ○○)」と呼称する。

概要 (Wikipediaから引用)

『題名のない音楽会』(だいめいのないおんがくかい、英字表記:Untitled Concert)は、1964年8月から放送されている音楽番組。 1966年3月まで東京12チャンネル(現:テレビ東京)が制作し、同年4月より現在までNETテレビ→テレビ朝日が制作している。なお、1968年10月から1969年6月までは放送を休止した。 クラシック音楽を中心にさまざまな分野の音楽を取り上げ、そのテーマとなる音楽の楽しみ方を解説することが番組の中心となる。 東京交響楽団やシエナ・ウインド・オーケストラなどをはじめとするオーケストラや吹奏楽編成による演奏が行われるのが特徴。主に公開録画で収録され、応募により観覧が可能。ただし、単独楽器と、その演奏のみ取り上げたり、スタジオでの非公開録画のときもある。 スポンサーは前身の『ゴールデン・ポップス・コンサート』時代から一貫して、石油会社「出光興産」による一社提供。 また、出光興産は当番組放送開始25周年となった1990年に若手音楽家の育成を主眼とした出光音楽賞(いでみつおんがくしょう)を制定している。

田井

概要 (Wikipediaから引用)

田井ノ瀬駅(たいのせえき)とは、和歌山県和歌山市岩橋(いわせ)にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)和歌山線の駅である。 かつては、阪和線の紀伊中ノ島駅を経由して紀和駅(旧・和歌山駅)に入り、南海本線の和歌山市駅へと、ほとんどの列車が直通運転を行っていたが、1974年に、このルートは廃止された。 駅名は「田井ノ瀬」であるが、県道(和歌山県道14号和歌山打田線)の地点名は「田井之瀬」、バス(和歌山バス那賀橋本線)の停留所名は「田井の瀬」であるなど、表記が統一されていない。 1898年(明治31年)5月4日 - 紀和鉄道の和歌山駅(現・紀和駅) - 船戸仮駅間開業時に岩橋駅として設置。 1899年(明治32年)1月15日 - 田井ノ瀬駅に改称。 1904年(明治37年)8月27日 - 紀和鉄道の路線を関西鉄道が買収し、同社の駅となる。 1907年(明治40年)10月1日 - 関西鉄道が鉄道国有法により国有化され、官設鉄道の駅となる。 1909年(明治42年)10月12日 - 線路名称が制定され、和歌山線の所属となる。

だい

概要 (Wikipediaから引用)

『スペーシア』より : スペーシア 日本板硝子が製造する、中を真空にした複層ガラスの名称。 東武100系電車の車両愛称。 東武鉄道が運行する特急列車の内、主に2.を使用して東武日光線・東武鬼怒川線 鬼怒川線経由で運行される特別急行列車 特急列車の総称。「けごん」と「きぬ」がある。本稿では3.の特急「けごん」・「きぬ」とあわせ、同線や東武宇都宮線 宇都宮線を走る特急「きりふり」・「ゆのさと」・「しもつけ」、新宿駅~鬼怒川温泉駅間を山手線・東北本線(宇都宮線)・東武日光線・鬼怒川線経由で運行する「スぺーシアきぬがわ」、東日本旅客鉄道(JR東日本)が同区間を運行する「きぬがわ」、新宿駅~東武日光駅間を運行する「日光」、および東武鉄道・日本国有鉄道(国鉄)~JR東日本における、それら日光・鬼怒川方面に向かう優等列車の歴史について著述する。

だく

概要 (Wikipediaから引用)

だくだくは、古典落語の演目の一つ。上方落語の書割盗人(かきわりぬすと)についても本項で記述する。 両演目は、ナンセンスな状況の中で、それぞれにとぼけた洒落っ気を見せ合うふたりの男の噺である。 『書割盗人』の原話は、1773年(安永2年)に出版された笑話本『芳野山』の一編「盗人」。「書割」とは、歌舞伎などの舞台背景に使われる風景画のこと。主な演者に2代目桂枝雀などがいる。 『だくだく』は『書割盗人』を東京落語に移入したもの。サゲの原話は1778年(安永7年)に出版された笑話本『梅の笑顔』の一編「槍」。主な演者に4代目柳亭痴楽、6代目三遊亭圓窓、古今亭志ん輔、立川志の輔などがいる。 あらすじ 男(『だくだく』では八五郎)は引越しをしたが、前の長屋でたまった家賃を工面するため(あるいは、かついでいくのが面倒くさかったため)に家財道具の一切を古道具屋に売ってしまった。

抱く

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

概要 (Wikipediaから引用)

第二次世界大戦(だいにじせかいたいせん、英語: World War II)は、1939年から1945年までの6年間、ドイツ、日本、およびイタリアの三国同盟を中心とする枢軸国陣営と、イギリス、ソビエト連邦、アメリカ、および中華民国などの連合国陣営との間で戦われた全世界的規模の巨大戦争。1939年9月のドイツ軍によるポーランド侵攻と続くソ連軍による侵攻、そして英仏からドイツへの宣戦布告はいずれもヨーロッパを戦場とした。その後1941年12月の日本と米英との開戦によって、戦火は文字通り全世界に拡大し、人類史上最大の大戦争となった。 第一次世界大戦との比較では、ともに総力戦であったが相違もあった。世界規模の戦場拡大は無線通信を用いた機動戦の結果である。これは、一次大戦が塹壕戦とケーブル切断を主体に展開されたのと最も対照される。無線は電信と違い傍受されたので、暗号解読により主要な戦果がもたらされた。 記事最後に付された「日本の戦時法令」の殆どが未作成項目である点については、さしあたりアジア歴史資料センターが手近な情報源と考える。