「だいいちかさいかいじょうほけん」とは?

言葉 詳細
第一火災海上保険

概要 (Wikipediaから引用)

第一火災海上保険相互会社(だいいちかさいかいじょうほけん、英文名称:The Daiichi Mutual Fire and Marine Insurance Company)は、かつて営業していた日本の損害保険相互会社である。本社は東京都千代田区二番町に所在した。 保険期間が5 - 10年におよぶ長期積立火災・傷害保険「マルマル保険」(「マルマル火災保険」および「マルマル傷害保険」)を同社の主力販売商品とし、また同業他社と同じく一般保険(おもにノンマリン保険の火災・自動車・傷害・新種保険を主力とした)の元受け業務およびその営業を基本事業モデルとし、昭和30年代に始まる高度経済成長期からバブル経済崩壊までの日本経済の高金利時代に、財界官界(元三井財閥本社取締役理事成瀬雄吾、元大蔵省理財局長西原直廉)から大物経営者を迎え急拡大させた預かり資産を元手にした投融資による運用ならびに法人開拓で飛躍的に業績を伸ばした。