「だいいちせいやく」とは?

言葉 詳細
第一製薬

概要 (Wikipediaから引用)

第一製薬株式会社(だいいちせいやく)はかつて存在した日本の医薬品メーカー。1915年10月1日創業。スローガンは創業70周年記念時に制定された「いのち、ふくらまそう。」。本社所在地は東京都中央区日本橋3-14-10であった。 第一製薬の前身「アーセミン商会」は、慶松勝左衛門によって1915年に設立された。前年に始まった第一次世界大戦のため、海外からの医薬品の輸入が途絶えた。とりわけ深刻だったのは、梅毒の特効薬とされていた「サルバルサン」(Salvarsan, ドイツ・ヘキスト社商標・一般名)だった。サルバルサンはドイツの細菌学者パウル・エールリヒが、留学していた泰佐八郎の協力を得て開発した薬剤である。 2005年9月28日、三共と持株会社方式で経営統合。2005年4月に業界2位となったアステラス製薬(山之内製薬と藤沢薬品工業が合併)を抜き、武田薬品工業に次ぐ業界2位となった。共同持株会社として「第一三共株式会社」を設立。(統合3日後の10月1日に創業90周年を迎えていた)2007年4月に三共ともども第一三共に完全統合した。