「ち」とは?

言葉 詳細

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

散る

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

ちる

概要 (Wikipediaから引用)

『ちるらん 新撰組鎮魂歌』(ちるらん しんせんぐみレクイエム)は、原作:梅村真也、作画:橋本エイジによる日本の漫画作品。『月刊コミックゼノン』(徳間書店)にて連載。 本作は、明治45年(1912年)、市川真琴と言う一人の女性記者が、生き残りである永倉新八から聞き出した伝記を描いた作品である。 あらすじ 登場人物 主人公 土方歳三(ひじかた としぞう) 本作の主人公。壬生浪士組副長→新撰組副長。 最強の漢を目指し強さを求めており、強者との闘いを欲している。剣は我流で戦い方は常に真っ向勝負。相手が格上だと相打ち覚悟の『平青眼』を使用する。 血の気が多く喧嘩っ早い性格だが、仲間のためなら命をも張れる真っ直ぐな性格の持ち主。佐々木との一件以降、『試衛館の狂犬』と言うことで名が通っている。 1859年、石田散薬の行商の傍ら道場破りのため立ち寄った試衛館で近藤との勝負に敗れ、正式な門人となる。 市川真琴(いちかわ まこと) 東京毎日新聞の記者。土方歳三の孫。 杉村義衛(すぎむら よしえ) 晩年の永倉新八。

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。