「ち」とは?

言葉 詳細

概要 (Wikipediaから引用)

数学:変数 (数学) 変数、数などを参照。 値 (情報工学)af:Waardear:قيمة (توضيح)cs:Hodnotaes:Valor (desambiguación)he:ערךit:Valoreko:가치no:Verdipl:Wartośćpt:Valorro:Valoaresk:Hodnotasv:Värdevi:Giá trị

概要 (Wikipediaから引用)

地(チ、ジ、つち)とは、土、陸、場所、下などを指す。比喩、抽象、哲学などの意味で使われる場合もある。 基本的な意味 土 陸。空の下に広がる陸。天と対比される概念。 ところ。場所。 立場。境遇。身分。人の、社会の中での場所。 下。下方。(例:「天地無用」) 世界観・死生観 神などが住む場所と対比して、「人間や動物の住む場所」という意味で使われる場合がある。 死後の世界を表すことがあることがある。例:「地に帰る」「地獄」 翻訳語 次のような西洋語の翻訳語として「地」が用いられることがある。 ギリシア語: γεω ゲオ(派生語例 Geo~。ゲオルギウス: 地を耕す者) ロマンス語 terra ラテン語・イタリア語 terra テラ フランス語 terre テール スペイン語 tierra ティエラ ゲルマン語 erth 英語 earth, land ドイツ語 Erde エルデ スラヴ語 zemlja ロシア語 земля ゼムリヤ(派生語例 ノヴァヤゼムリャ: 新たなる土地) ポーランド語 ziemia 他 人の生活を支えるものとして、神格化される場合がある。

概要 (Wikipediaから引用)

池(いけ、英語: pond)は、地表上の淡水で覆われた領域。通常、湖ほどには大きくないものを指す。同様のものを沼(ぬま)と言うこともあるが、特に明確な区別はない。両者をまとめて池沼(ちしょう)と言うこともある。 慣例的には水深が浅いもの(おおむね5m未満)を池、それ以上のものを湖とすることが多い。ただし、最深部まで植物が繁茂するものになると沼扱いされる。また、池は小さいだけに水生植物が占める割合が大きく、小動物や水生昆虫が豊富な一方で、大型魚類はあまり生息しない傾向がある。 日本では水田耕作の必要から、人工的に作られたため池が多い。ため池は定期的に水中の草刈や整備が行われており、怠ると崩壊する可能性がある。最近では灌漑設備の普及から利用されることが少なくなり、堆積により埋まったり、廃棄物の不法投棄が行われてしまったりすることがある。 鯉や金魚を飼育するために庭に池を作るには、水が地下に逃げないようにする必要があるが、そのために粘土を用いると維持に手間がかかり、反対にコンクリートで作ると水質が安定するまで時間がかかる。

概要 (Wikipediaから引用)

千(せん・ち) 数字の千については、1000を参照。 日本で皇室に次ぐ長い家系を持ち出雲大社の祭祀を行う千家家。出雲国造参照。 日本の姓のひとつ。茶道の家元としても知られる。千家参照。 漢姓(朝鮮の姓)のひとつ。千 (姓)参照。 映画「千と千尋の神隠し」における主人公・荻野千尋の別名。 ほかの語と複合語を形成して数の多いことを表す字。千畳敷など。 徳川秀忠の長女・天樹院の名。千姫を参照。 安倍なつみがシングル『たからもの』で用いた名義。たからもの (テレビドラマ)を参照。

概要 (Wikipediaから引用)

『血液』より : 血(けつ)とは、中医学においては、脈中を流れる赤色の液状物である。生体内で活動するものとして、気とともに重要なものである。 生成 源は飲食物であり、脾胃からもたらされる後天の精から造られ、素材は、津液と営気であり、肺による呼吸作用が深く関係している。 作用 作用としては営気とともに脈中を流れて、四肢や臓腑を潤してその働きを支え、夜には臥床時に肝に戻るものであり、覚醒・活動時には、必要に応じて脈中を流れて全身を循り、知覚活動や手足の動作、運動などの活動を円滑に行わせる。 五臓との関係 心、肝、脾と関係が深く、心は、脈を介して血を全身に送り出し、血の循環や拍動に関与(血脈)し、肝は、血量を配分して、昼夜の別、活動する部位、器官に応じて血量を調節し(蔵血)、脾は血の生成に関与し、全身的な血量の多少に関係し、営気を介して血が脈外に漏れない(統血)ようにしている。

概要 (Wikipediaから引用)

知能指数(ちのうしすう、Intelligence Quotient, IQ)とは、数字であらわした知能検査の結果の表示方式のひとつである。 IQとは、知能検査の結果を表す数値である。「生活年齢と精神(知能)年齢の比」を基準とした「従来の知能検査」と、「同年齢集団内での位置」を基準とした「知能検査」の2種類があるが、従来の知能検査はあまり使われなくなりつつある。また、検査によってはより細かい「言語性知能検査」と「動作性知能検査」も決定する。知能指数表示の場合は、中央値は100、標準偏差はWechsler系検査では15、田中Binet系では16である。 知能検査は、高いほど知能が高いことを、低いほど知能が低いことをあらわす。従来の知能指数は「精神年齢 ÷ 生活年齢 × 100」の式で算出される。知能指数は100に近いほど出現率が高い(人数が多い)。50–70は軽度知的障害、35–50は中度知的障害、20–35は重度知的障害とされるが、40未満を測れない検査も多い。

散る

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

ちる

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

概要 (Wikipediaから引用)

治水(ちすい)とは、洪水・高潮などの水害や、地すべり・土石流・急傾斜地崩壊などの土砂災害から人間の生命・財産・生活を防御するために行う事業を指し、具体的には、堤防・護岸・ダム・放水路・遊水池(遊水地)などの整備や、河川流路の付け替え、河道浚渫による流量確保、氾濫原における人間活動の制限、などが含まれる。 治水の概要と必要性 水は人間生活にとって不可欠な資源であると同時に、水害や土砂災害などの危険ももたらす。水の持つ危険性を制御しようとする試みが治水であるが、一方で水を資源として使用するための制御、すなわち利水も必要となってくる。水の制御に取り組むという点において、治水は利水との共通性を持ち、両者に不可分の関係が生じるのである。そのため、広義の治水には、利水をも含むことがある。 治水に当たる英語はflood controlであるが、これは単に洪水調節のみを意味する。日本語における治水は、洪水調節のほか、土砂災害を防ぐ砂防や山地の森林を保安する治山をも含む、意味範囲の広い用語である。