「ちあき」とは?

言葉 詳細
千昌

概要 (Wikipediaから引用)

千 昌夫(せん まさお、本名:阿部健太郎(あべけんたろう)、1947年4月8日 - )は、日本の演歌歌手、実業家。 岩手県陸前高田市出身。農家の次男に生まれた。父親を小学校4年の時に亡くした。1965年、作曲家の遠藤実に入門。同年9月5日、「君が好き」でデビュー。「星影のワルツ」(1966年3月24日発売)が1967年秋頃より大ヒット、ミリオンセラーとなり、1968年『NHK紅白歌合戦』に初出場する。その後「君がすべてさ」、「アケミという名で十八で」「懐かしの人」などが10万枚を超えるヒットとなる。 1972年、アメリカ人歌手ジョーン・シェパードと結婚し、松下電器(現・パナソニック)のパナカラー・クイントリックスやいすゞ自動車のアスカ、象印マホービンのCMに夫婦で出演したが、1988年に離婚した。後に18歳年下の外国人女性(アマンダ夫人)と再婚し、3人の子供をもうける。次女のダニエラは2009年9月に芸能界にデビューしている。 1979年、1977年4月5日発売の「北国の春」が大ヒット、二作目のミリオンセラーとなり、第21回日本レコード大賞ロングセラー賞受賞。

千晶

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

千秋

概要 (Wikipediaから引用)

千秋(せんしゅう、ちあき、千穐とも)とは物事の終わりを表す。用法としては、四字熟語の「一日千秋」およびことわざの「一日千秋の思い」、用語としての「千秋楽」などのほか、漢詩などにも見ることが出来る。また、秋の季節を連想させる言葉として人名にも使用されている。 地名 日本 秋田県秋田市千秋地区 - 久保田城の城内および城下至近の地域。城跡に整備された千秋公園に由来。公園名の由来は、秋田の「秋」に長久の意の「千」を冠したもの。 新潟県長岡市千秋地区 - 信濃川左岸に位置。多くの公共施設のほか文教施設が立地。いわゆる「田中金脈問題」で採り上げられた。 愛知県一宮市千秋町 - かつての丹羽郡千秋村にあたる地域。 = 現存しない自治体 = 千秋村 (愛知県海東郡) - 現在の愛知県海部郡蟹江町の一部。 千秋村 (愛知県丹羽郡) - 現在の愛知県一宮市千秋町(上述)。 中国 江蘇省塩城市射陽県千秋鎮 四川省南充市南部県千秋郷 人名 男女を問わずつけられる日本人の名前のひとつ。

千晃

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

千昭

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

チアキ

概要 (Wikipediaから引用)

千秋 レイシー(Chiaki Lacey、1994年5月10日 - )は、日本の元男性タレント。本名、パトリック 千秋 レイシー(Patrick Chiaki Lacey)。 オーストラリア出身。ジュネス企画に所属していた。 オーストラリア人の父と日本人の母の間に生まれたハーフ。NHK教育『天才てれびくんMAX』2004年度 - 2007年度てれび戦士として知られている。 出演 バラエティ 天才てれびくんMAX(2004年 - 2008年、NHK教育)てれび戦士 その他のテレビ番組 CHILDRENS Lives〜once upon a time and ever after〜(NHK総合) NHK高校講座・家庭総合(2011年4月22日 - 2014年2月27日、NHK教育) 映画 誰かが私にキスをした(2010年、東映) レオニー(2010年、角川映画) 小泉八雲の息子 役 舞台 Coach Christmas Caroling 2003(2003年)イベントモデル マジカルスクリーン大作戦〜キャプテン9×9の野望〜(2008年) 楠本柊生帝國元帥 presented カイザー・リッター 元帥がやってくる yar yar yar(2010年) カイザー・ライヒス・アーデルspecial 元帥vs元帥vs元帥(2010年)。

千亜紀

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

ちあき

概要 (Wikipediaから引用)

『千秋 (曖昧さ回避)』より : 千秋(せんしゅう、ちあき、千穐とも)とは物事の終わりを表す。用法としては、四字熟語の「一日千秋」およびことわざの「一日千秋の思い」、用語としての「千秋楽」などのほか、漢詩などにも見ることが出来る。また、秋の季節を連想させる言葉として人名にも使用されている。 地名 日本 秋田県秋田市千秋地区 - 久保田城の城内および城下至近の地域。城跡に整備された千秋公園に由来。公園名の由来は、秋田の「秋」に長久の意の「千」を冠したもの。 新潟県長岡市千秋地区 - 信濃川左岸に位置。多くの公共施設のほか文教施設が立地。いわゆる「田中金脈問題」で採り上げられた。 愛知県一宮市千秋町 - かつての丹羽郡千秋村にあたる地域。 = 現存しない自治体 = 千秋村 (愛知県海東郡) - 現在の愛知県海部郡蟹江町の一部。 千秋村 (愛知県丹羽郡) - 現在の愛知県一宮市千秋町(上述)。 中国 江蘇省塩城市射陽県千秋鎮 四川省南充市南部県千秋郷 人名 男女を問わずつけられる日本人の名前のひとつ。

千明

概要 (Wikipediaから引用)

千明 孝一(ちぎら こういち、1959年 - )は、日本のアニメ監督、アニメ演出家、アニメーター、脚本家。 1979年にタツノコアニメ技術研究所に入所。スタジオテクへ移籍後、1989年に劇場アニメ『ヴイナス戦記』で初演出。『ミラクルジャイアンツ童夢くん』でテレビアニメの演出ローテーション入り。1990年にOVA『NINETEEN 19』で初監督。演出家になる前はアニメーターの経験があり、1988年の『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』では原画の一人としてクレジットされている。 アニメ制作会社サンライズの野球チームに所属し、その後、サンライズ作品『新機動戦記ガンダムW』等の演出、絵コンテを手掛ける。1996年にOVA『青の6号』の演出を手がけて以来、アニメ制作会社ゴンゾを拠点に活動。2006年に映画初監督となる劇場アニメ『ブレイブ ストーリー』で注目を集める。 参加作品 テレビアニメ 科学忍者隊ガッチャマンF(1980年、作画) きまぐれオレンジ☆ロード(1988年、作画監督) ミラクルジャイアンツ童夢くん(1989年、絵コンテ・演出) YAWARA!(1990年、絵コンテ・演出) 魔法騎士レイアース(1994年、絵コンテ・演出) 新機動戦記ガンダムW(1995年、絵コンテ) H2(1995年、絵コンテ) 飛べ!イサミ(1995年、絵コンテ・演出) 機動新世紀ガンダムX(1996年、絵コンテ) るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-(1996年-1998年、演出) はいぱーぽりす(1997年、絵コンテ・演出) ポポロクロイス物語(1998年、絵コンテ) ヴァンドレッド(2000年、絵コンテ) ゲートキーパーズ(2000年、監督) 地球少女アルジュナ(2001年、絵コンテ) ヴァンドレッド胎動篇(2001年、絵コンテ) フルメタル・パニック!(2001年、監督・シリーズ構成) Witch Hunter ROBIN(2002年、絵コンテ) LAST EXILE(2003年、監督・シリーズ構成・脚本) モンキーターン(2004年、脚本) ウィッチブレイド(2006年、絵コンテ) パンプキン・シザーズ(2007年、絵コンテ) ドルアーガの塔 〜the Aegis of URUK〜(2008年、監督) ドルアーガの塔 〜the Sword of URUK〜(2009年、監督) シャングリ・ラ(2009年、絵コンテ) ラストエグザイル-銀翼のファム-(2011年、監督・脚本・音響監督) 宇宙戦艦ヤマト2199(2013年、絵コンテ) ブレイドアンドソウル(2014年、絵コンテ) 曇天に笑う(2014年、絵コンテ) ラクエンロジック(2016年、監督・脚本・絵コンテ) OVA NINETEEN 19(1990年、監督・絵コンテ) 東京BABYLON(1992年、監督) お江戸はねむれない!(1993年、監督) 幽幻怪社(1994年、監督) なつきクライシス(1994年、監督) BRONZE KOJI NANJO cathexis(1994年、絵コンテ) 東京BABYLON2(1994年、監督) 思春期美少女合体ロボ ジーマイン(1999年、絵コンテ) レイアース(1997年、原画) 青の6号(1998年 - 2000年、美術デザイン・設定・絵コンテ・演出・原画) 劇場アニメ 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア(1988年、原画) ヴイナス戦記(1989年、演出) 風の名はアムネジア(1990年、原画) ようこそロードス島へ!(1998年、監督) 名探偵コナン 14番目の標的(1998年、原画) 名探偵コナン 世紀末の魔術師(1999年、原画) ブレイブ ストーリー(2006年、監督) 龍 -RYO-(2013年、監督・音響監督・脚本) ゲーム ワイルドアームズ(1996年、アニメーション絵コンテ) 参考資料 「ギョーカイ噂の今さら友だちのWA! 静かなる物腰の中に熱き作品への情熱! 千明孝一さんの巻」『アニメV』学習研究社、1989年9月号、 「膨大な原作の中からぼくらが選択したのはワタルとミツルの物語だった interview 千明孝一監督」『アニメージュ』徳間書店、2006年7月号 「『ブレイブストーリー』監督千明孝一インタビュー」『キネマ旬報』キネマ旬報社、2006年8月上旬号 関連項目 竜の子プロダクション 富野由悠季 亀山千広。