「ちい」とは?

言葉 詳細
地井

概要 (Wikipediaから引用)

地井 武男(ちい たけお、1942年5月5日 - 2012年6月29日)は、日本の俳優、タレント。本名同じ。千葉県八日市場市(現:匝瑳市)出身。株式会社サイプロダクション所属。身長170cm。体重63kg。 来歴・人物 所属事務所 俳優座 → どりいみい7 → 沢井プロダクション → サイプロダクション 生涯 千葉県匝瑳郡八日市場町(現:匝瑳市)に8人きょうだいの末っ子として生まれる。なお、きょうだいは長兄以外は全員女性。千葉県立匝瑳高等学校卒業後、石原裕次郎や赤木圭一郎に憧れ、1963年に俳優座養成所へ第15期生として入所。同期には原田芳雄、林隆三、太地喜和子、赤座美代子、前田吟、夏八木勲、高橋長英、竜崎勝、秋野太作、栗原小巻、小野武彦、村井国夫、三田和代など錚々たるメンバーがいる。 1966年に養成所卒業。その後は串田和美、吉田日出子らと創立メンバーとしてオンシアター自由劇場でも活躍した。 その後は主にテレビ・映画で活躍。岡本喜八監督『斬る』で映画デビューし、1970年には武田敦監督『沖縄』で映画初主演。

ちい

概要 (Wikipediaから引用)

『ちい散歩』(ちいさんぽ)は、2006年4月3日から2012年5月4日までテレビ朝日で放送された紀行・情報・通販番組であり、俳優・地井武男の冠番組である。タイトルの通り「散歩」に着目した番組であり、テレビ朝日平日午前10時台前半(月 - 金曜9:55 - 10:30(後に金曜は - 11:00))は本番組より『散歩シリーズ』となる。散歩ブームの火付け役として知られ、地井の晩年のライフワークと言うべき番組となった。 主に関東ローカルで放送していたが、BS朝日やCS放送(スカパー!)の旧・テレ朝チャンネル(現:テレ朝チャンネル1 ドラマ・バラエティ・アニメ)と朝日ニュースター(現:テレ朝チャンネル2 ニュース・情報・スポーツ)でも全国放送され、また地上波一部地域でも番組販売の形で放送された。 なお、6年間における放送回数は1518回となる。 メイン企画は、東京近郊のスポットを地井武男が訪れ、散歩するという内容。散歩中にその土地の店に立ち寄ったりして交流を深めながら、街の紹介をしていくものだった。

チイ

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

地異

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

地位

概要 (Wikipediaから引用)

地位(ちい)とは、社会またはその集団の中での身分あるいは立場、処遇、役割のことである。 法的地位 法的地位とは、法的な身分と同様の意味を持ち、憲法に基づき国民あるいは市民として法的に保障される待遇、権利のことをいう。日米地位協定というように、国家間の外交においても、条約等により両国間の役割、立場、権利、相手国及びその国民への処遇を規定する際、両国の立場を表す概念として地位と称される。 法的な地位とは、社会的に平等な権利を保障されることをいう。民主主義国家の多くにおいては個人はもとより性別、人種、宗教など特定の属性を有する人々が不当な差別や待遇など人権侵害を受けることのないよう、憲法により個人や集団は最低限の権利を保障されている。例えば、選挙においての婦人参政権や男女平等、職業、結婚、教育、福祉における平等性の確保。多民族国家においては政府による人種差別の改善の義務などがあげられる。 社会的地位 社会的地位とは、社会における身分や役割の高低、重要度を表す語として用いられる。

地衣

概要 (Wikipediaから引用)

地衣類(ちいるい)は、菌類(主に子嚢菌類)のうちで、藻類(シアノバクテリアあるいは緑藻)を共生させることで自活できるようになったものである。一見ではコケ類などにも似て見えるが、形態的にも異なり、構造は全く違うものである。 地衣類というのは、陸上性で、肉眼的ではあるがごく背の低い光合成生物である。その点でコケ植物に共通点があり、生育環境も共通している。それゆえ多くの言語において同一視され、実際に地衣類の和名の多くに「○○ゴケ」といったものある。しかし地衣類の場合、その構造を作っているのは菌類である。大部分は子嚢菌に属するものであるが、それ以外の場合もある。菌類は光合成できないので、独り立ちできないのだが、地衣類の場合、菌糸で作られた構造の内部に藻類が共生しており、藻類の光合成産物によって菌類が生活するものである。藻類と菌類は融合しているわけではなく、それぞれ独立に培養することも不可能ではない。したがって、2種の生物が一緒にいるだけと見ることもできる。ただし、菌類単独では形成しない特殊な構造や菌・藻類単独では合成しない地衣成分がみられるなど共生が高度化している。