「ちいき」とは?

言葉 詳細
値域

概要 (Wikipediaから引用)

『写像』より : 数学、特に素朴集合論における写像の値域(ちいき、英: range)は、その写像の終域または像の何れかの意味で用いられる。現代的な用法ではほとんど全ての場合において「像」の意味である。 写像の終域は任意の集合を取ることができる。実解析ならば通常は実数全体の成す集合を終域とする函数を考える。同様に、複素解析ならば複素数全体の成す集合である。 写像の像とはその写像の出力となる元全てからなる集合である。像は常に終域の部分集合になる。 注意 「値域」("range") は異なる意味で用いられうるから、教科書や論文を読む際にいずれの意味であるかを確かめるのは初手の演習として手頃であろう。 古い本では「値域」を今日でいうところの終域の意味で用いている傾向がある。より現代的な本では大半が今日でいう像の意味で用いる。紛れを無くす目的で「値域」という語は用いないという本もある。 これら二つの用例の違いを知るために、例として実函数(実変数実数値函数)としての f(x) = x2 を考える(つまり、実数を入力として、その自乗を出力する函数である)。

地域

概要 (Wikipediaから引用)

地域(ちいき)とは、地形が似通っている、同じ性質をもっているなどの理由からひとまとめにされる土地のこと。マルチスケールの概念である。 地理学における定義 地理学、特に場所ごとの差異を解明しようとする人文地理学や地誌学において、「地域」とは大変重要な概念である。 日本の地理学界で権威があるとされる二宮書店刊行の『地理学辞典』(1973年発行)には以下のような説明がある。 (後略) しかし、この説明がすべての地理学者に受け入れられているわけではなく、1950年代から1960年代にかけては、アメリカやイギリスを中心として、「地域」を中核に据える「伝統地理学」(Traditional Geography)に対する批判が起こった。これを受けて、朝倉書店刊行の『オックスフォード地理学辞典』(2003年発行)では、 と、地理学における地域の重要性には言及していない。 地域論 「地域とは何か」という課題については、国によって認識が異なる。以下に、主要な議論を記す。 = ドイツの地域論 = ドイツでは、地理学者のカロル(H. Carol)の地域(Landschaft)論が知られている。