「ちいきおこし」とは?

言葉 詳細
地域おこし

概要 (Wikipediaから引用)

この記事では、地域興し(ちいきおこし)、地域活性化(ちいきかっせいか)、地域振興(ちいきしんこう)、地域づくりなどと呼ばれるものごとについて解説する。 「地域興し」と表現する場合は、地域の住民・商工会・農協・漁協など地元の団体やそこに住む人々の主体性が強調される傾向がある。「地域づくり」も同様である。いずれも語感の固さを避けるため、「地域おこし」のように「地域」以外はひらがな表記されることが比較的多い。なお、住みよい地域を形成するための諸活動は「まちづくり」と呼ばれることがあるが、「地域おこし」や「地域活性化」などとは若干異なったニュアンスで使われることが多い。 町(または街)の場合は特に「町おこし」、「街おこし」、「まちおこし」とも呼ばれ、村の場合は「村おこし」とも呼ばれる。 英語圏では「vitalization」や「revitalization」などの用語を用いて表現されることが一般的である。 「地域おこし」や「地域活性化」とは、地域(地方)が、経済力や人々の意欲を(再び)向上させたり、人口を維持したり(再び)増やしたりするために行う諸活動のことである。