「ちいさきゃ」とは?

言葉 詳細
ちいさい

概要 (Wikipediaから引用)

『ちいさいひと 青葉児童相談所物語』(ちいさいひと あおばじどうそうだんしょものがたり)は、夾竹桃ジンによる日本の漫画作品。シナリオ、水野光博。取材・企画協力、小宮純一。『週刊少年サンデー』(小学館)にて、2010年49号から2012年29号まで不定期連載。その後、『週刊少年サンデーS』にて、2012年8月号から2013年12月号まで連載。 あらすじ 相川健太は虐待や暴力から生き延びて大人になったサバイバーだった過去を持つ。大人になった健太は今度は児童福祉司として1人でも多くの子供を救うために奮闘する。 登場人物 相川健太(あいかわ けんた) 主人公。22歳。福祉専門職として青葉市に採用された新米児童福祉司。幼少時に母親から執拗な虐待を受け、藤井によって助けられた後は里親に引き取られて育った。 長澤彩香(ながさわ あやか) 健太の同期。一時保護所の保育士。 塚地誠(つかじまこと) 健太の先輩の児童福祉司。 藤井東児(ふじいとうじ) 青葉児童相談所の副所長。過去に虐待されていた健太を助けた。 大場聡子(おおばさとこ) 健太の先輩の児童福祉司。

小さい

概要 (Wikipediaから引用)

『ホビット』より : ホビット(Hobbit)は、J・R・R・トールキンの創作した架空世界中つ国の種族。『ホビットの冒険』で初めて登場し、『指輪物語』でも重要な役割を果たした。 ホビットは、身長2 - 4フィート(60 - 121cm)で、わずかに尖った耳をもつ。足裏の皮が厚く、毛に覆われているので、靴をはくことはない。かれらは、冒険的でない牧歌的な暮らし、すなわち農耕・食事・社会生活を好む。ホビットは人間より若干長い寿命を持ち、しばしば120歳まで生きた(平均寿命100歳)。33歳で成人し、50歳のホビットは中年である。ホビットたちは、トールキンのインスピレーションである英国の田舎の人々と同様、酒場でエールを飲むことを好む。中つ国のなかでもホビットらが住む地域の名としてトールキンが選んだ"the Shire"(ホビット庄)という名前からは、イングランドの「州(Shire)」をはっきり連想することができる。