「ちぇるのぶいり」とは?

言葉 詳細
チェルノブイリ

概要 (Wikipediaから引用)

チョルノーブィリ(ウクライナ語:Чорнобиль、ラテン文字転写の例:Chornobilʹ、英語:Chernobyl)は、ウクライナ北部・キエフ州の都市である。日本語では、ロシア語由来のチェルノブイリと書かれることも多い。 首都キエフの北方、約135kmに位置しプリピャチ川に沿う。1986年4月26日に発生したチェルノブイリ原子力発電所の爆発事故により、放射性物質に汚染されゴーストタウンと化した。ほとんどの住民は事故後、他所に避難したままだが、少数の(主に年老いた)住民はチョルノーブィリで余生を過ごすことを望んだため、完全に無人にはなっていない。事故後の人口は1987年が最も多く約1,200人(推定)、2003年現在300人(推定)。人口は減少傾向にある。事故直前の人口は10万人以上いたと言われている。 チョルノーブィリはかつてキエフ州のチョルノーブィリ地区に所属し、地区の首府が置かれていたが事故後の1988年にチョルノーブィリ地区は消滅。現在は南西に隣接するイヴァーンキウ地区に編入されている。 地名 表記 この町は、ウクライナの独立によりウクライナ語が唯一の公用語として定められて以来、ウクライナ語名のЧорнобильが公式名となっている。