「ちぇろきー」とは?

言葉 詳細
チェロキー

概要 (Wikipediaから引用)

チェロキー族(チェロキー語: ᏣᎳᎩ ;ラテン翻字: tsa-la-gi (英語: Cherokee))はインディアン部族。 「チェロキー」の語源はチョクトー族が交易に用いた単語で、「山(または洞窟)に住むもの」を意味する「Cha-La-Kee」、またはクリーク族の言葉で「判り難い言葉を話す人たち」の意とされる。 彼ら自身は「これらはすべての人間である」を意味するアニ・ユン・ウィヤ(チェロキー語: ᎠᏂᏴᏫᏯ ;ラテン翻字: ah-ni-yv-wi-ya) と自称する。 16世紀、ヨーロッパ人が入植しはじめた頃には、北米大陸の東部から南東部にかけ、ミシシッピ川流域に住んでいた。 18世紀のチェロキー族は、イギリスやアメリカとの間に、自分達の土地を守るための戦いの連続であった(チカマウガ戦争を参照)。1794年にアメリカ合衆国との間に休戦条約を結んだ後は、文明化の道を歩んだ。 彼らは、チカソー族、ムスコギー部族連合、チョクトー族、セミノール族と5大部族連合を結成し、白人の文明を受け入れ、白人社会の仕組み等を採り入れ、「文明化五部族」と呼ばれた。