「ちくほ」とは?

言葉 詳細
筑穂

概要 (Wikipediaから引用)

筑穂町(ちくほまち)は、福岡県のほぼ中心部、筑豊地方南部に位置していた町である。 1997年、国土地理院の発表により福岡県の重心地(北緯33度31分21秒 東経130度40分5秒)が町内にあることが分かり、福岡県のへそにちなんだ「これが筑穂へそ音頭」とその踊りを作って町おこしを展開していた。 2006年3月26日、飯塚市・頴田町・穂波町・庄内町と対等合併し、新市制による飯塚市となったため消滅した。 地理 隣接していた市町村 飯塚市 筑紫野市 朝倉郡:筑前町 糟屋郡:篠栗町・須恵町 嘉穂郡:嘉穂町・桂川町・穂波町 江戸時代は現在の町域を長崎街道が貫いており、現在の内野地区にあたる地区は筑前六宿のひとつ、内野宿という宿場町として栄えた。