「ちゅう」とは?

言葉 詳細

概要 (Wikipediaから引用)

中(なか、ちゅう) 一般的にみて中くらいの大きさの物。大や小と共に用いることもある。 一般的にみて中くらいの高さの物。上や下と共に用いることもある。 五千円紙幣を意味する俗語。(千円が"小"、一万円が"大") 一般的にみて中くらいの質の物。上や下(または並)と共に用いることもある。 ある物体の内部のこと。内と類義で、外(外部)と対比して使う。 集団を表す語の後ろに用い、その成員全員を指す語。御中、氏子中など。 地名 中区 中町 中村 中 (土浦市) - 茨城県土浦市 中 (流山市) - 千葉県流山市 中 (国立市) - 東京都国立市 中 (敦賀市) - 福井県敦賀市 中 (白浜町) - 和歌山県西牟婁郡白浜町 中 (真庭市) - 岡山県真庭市 中 (美咲町) - 岡山県久米郡美咲町 国府町中 - 徳島県徳島市 中 (大野城市) - 福岡県大野城市 中 (玉名市) - 熊本県玉名市 中 (山鹿市) - 熊本県山鹿市 中 - 鹿児島県鹿児島郡中郡宇村にあった大字。

概要 (Wikipediaから引用)

日本語の虫(むし)の概念は時代や個人による差もあるが、今日では主に水中以外の節足動物を指し、広義には獣・鳥・魚類以外の小動物全般を指す。 「むし」の範疇 節足動物としては、昆虫、クモ(クモ綱)、ムカデ(多足類)、ダンゴムシ(甲殻類)などが「むし」である。また昆虫の幼虫であるイモムシやウジムシも含む。これらはほとんどの人が「むし」と考える。節足動物でもエビ・カニなど水産を主体とする分類群は区別され、「むし」とは普通呼ばない。 ミミズなどのいわゆる蠕虫も含むことがある。カタツムリも別名「デンデンムシ」と呼ばれるなど、陸貝は虫の範疇に入ることもある。ヘビも、現在ではややまれだが、「長虫」と呼ばれることがある。 分類学において、小さな動物で「ムシ」の名を与えられているものは多い。たとえば 扁形動物門のウズムシ 紐形動物門のヒモムシ 星口動物門のホシムシ 軟体動物のフナクイムシ単細胞生物の運動性のあるもの、つまり原生動物でもゾウリムシ・ラッパムシなどがある。

概要 (Wikipediaから引用)

『連合軍専用列車』より : 連合軍専用列車(れんごうぐんせんようれっしゃ)とは、日中戦争・太平洋戦争において日本が1945年(昭和20年)8月に降伏した後、1954年(昭和29年)ごろまで日本各地の国鉄・私鉄で運行されていた、日本へ進駐してきた連合国軍(進駐軍・連合国の占領軍)の国内移動の便宜を図るための専用列車の総称。これらの列車は、日本人の乗る列車が、使われる車両・設備が満足に整備できず常にボロボロの状態となり、さらに石炭・電力不足などで復員や買出しなど乗客は増加していたにもかかわらず本数が削減されたので、いつも荒廃状態・殺人的混雑で走っていた中、「戦勝国」・「軍人」専用ということで優先的に良い設備・車両が投入され、大体においては空席がある状態で走っていたので、日本国民からは複雑な目で見られていたといわれている。

概要 (Wikipediaから引用)

忠(ちゅう。英語:loyalty)とは、主君に対して裏表の無い態度を意味する概念。 儒教における重要な徳目の一つであり、君臣間において重要とされる徳目である。又、主君に尽くすという真心を「忠義」「忠誠」などという。 親によく従うことを意味する「孝」とは常に食い違いを来す概念だが、中国や朝鮮では多くの場合、「忠」よりも「孝」が重要だと考えられた。一方で、近世日本においては朱子学伝来以後、逆に「孝」よりも「忠」の方が重要だと考えられ、武士道に影響を与える事になる。又、水戸学派の解釈では、「忠と孝は一つのもの(忠孝一合)」として、分離した解釈は行っていない。日本人(特に支配階級であった武家)は家(血族ではなく組織としてのイエ)の意識が中国人より高く、忠が孝につながるとした(君に忠を尽くさず、家を断絶されることは、孝につながらないとした意識)。これに対し、懐徳学派の武内義雄は否定し、「誠」が忠にも孝にも現れたと解釈する。 『日本外史』に記述された平重盛の「忠ならんと欲すれば孝ならず、孝ならんと欲すれば忠ならず」の言葉が武家の苦悩をよく示している。

概要 (Wikipediaから引用)

『さんまのSUPERからくりTV』より : 『さんまのSUPERからくりTV』(さんまのすーぱーからくりてれび)は1996年4月21日から東京放送 TBSで放送されているクイズ番組・バラエティ番組である。明石家さんまが司会をつとめる冠番組である。スタジオ映像のみハイビジョン制作。ステレオ放送・字幕放送を行っている。前番組「さんまのからくりTV」(19:00-19:30の30分番組)を拡大する形でスタート。その名残で、前半30分は武田薬品工業を中心に構成したタケダグループの単独で、後半は、タケダグループ以外の複数社がそれぞれスポンサーとなっている。一部地域では再放送も行われている系列局がある。「スタジオ回答者にVTRを途中まで見せ、その後どういう事態が生じたかを当てる」というのが番組の基本的な形で通常問題は4問ある(ちなみに2問~3問目の合間にごくまれにこれからの同番組の今後の方針などの番組宣伝をすることもある)。問題の際には、会場客に先に答えを見せて反応を見る。その後、出場者の回答へと向ける(但し、コーナーに出演している回答者は答えを知っているので最初の解答権はなし)。最終問題終了で一番点数の多い回答者がトップ賞を獲得し商品獲得クイズ「からくりチャンス」への挑戦権を得る。解答に対する明石家さんまの反応が優勝への行方を左右する(これは、不正解の場合でも面白ければ様々なマスコットがもらえ得点に換算されるため)。正解が出るまで続きのVTRが出せないので、なかなか正解が出ないときはさんまが解答者に正解ぎりぎりの所までヒントを教えてしまうこともあれば、近いと思った回答に自ら修正を加えて正解にすることもある(半ば強引に正解にこじつけることも多い)。

概要 (Wikipediaから引用)

注射剤(ちゅうしゃざい、Injections)とは、注射針を用いて皮内、皮下の組織または血管内などに直接投与する液状または用時溶解して液状にして用いる医薬品の製剤である。 種類 物理的性状により以下のように分類される 水性注射剤 水を溶媒に使ったもの。 非水性注射剤 植物油やプロピレングリコールを溶媒に使ったもの。有効成分が水に難溶の場合や、持続化を目的とする場合などに用いられる。 懸濁性注射剤 溶媒に溶解しない成分を微細に粉砕して加えたもので、用時振り混ぜて使用する。 固形注射剤 使用する際に溶解または懸濁して用いるもの。薬剤を凍結乾燥させたものが多い。抗生物質やペプチド製剤などでよく用いられる。 製造 添加剤 通例注射剤には、有効成分、溶媒の他に以下のような添加剤が加えられている。着色料の使用は認められていない。 溶解補助剤 有効成分が溶媒に難溶な場合に用いられる。テオフィリンに対してエチレンジアミン、オキシテトラサイクリンに対しプロピレングリコールなどが用いられる。

概要 (Wikipediaから引用)

概要 (Wikipediaから引用)

沖(おき) 沖 - 沖合(おきあい)。陸より遠く離れた海域のこと。 日本の地名のひとつ。 沖 (八街市) - 千葉県八街市にある大字。 沖 (愛荘町) - 滋賀県愛知郡愛荘町にある大字。 沖 (倉敷市) - 岡山県倉敷市の大字。 沖 (鏡野町) - 岡山県苫田郡鏡野町の大字。 → 香々美南村 日本人の姓のひとつ。 その他 沖電工 - 沖縄県の電力会社・沖縄電力系列の電気工事会社。 学校法人沖学園 - 沖学園中学校・高等学校や情報系専門学校を運営している福岡の学校法人。 沖 (雑誌) - 能村登四郎が創刊した俳句雑誌。 関連項目 「沖」で始まるページの一覧 オキ OKI。