「つ」とは?

言葉 詳細

概要 (Wikipediaから引用)

つ、ツは、仮名のひとつである。1モーラを形成する。五十音図において第4行第3段(た行う段)に位置する。日本語の音節のひとつであり、清音の他、濁音(づ、ヅ)を持つ。または、促音の表記に用いられ、この場合には一般に「っ」「ッ」のように捨て仮名 小さく書かれる。促音は単独で音節を構成しない。 現代標準語の音韻: 1子音と1母音「う」から成る音。子音は、次の通り。 *清音 「つ」: 舌を上歯茎に付けて、離すときに、狭い隙間を作って摩擦した音を出す無声歯茎破擦音。 *濁音 「づ」: 語中においては舌を上歯茎に付けて、離すときに、狭い隙間を作って摩擦した音を出す有声歯茎破擦音。また語頭や促音・撥音の後では舌の先を上歯茎に付けずに近づけて、隙間から声を摩擦させて通すときに出る有声歯茎摩擦音、すなわち「す」の子音の有声音である。それら二つの「づ」の発音は、一般に日本語の話者にはほとんど聞き分けられず、意味上の差異はない。「づ」は「す ず」と同じ発音であり、現代標準語では「づ」と「ず」を音の上で区別しない(四つ仮名)。現代仮名遣いでは、例外を除いて「づ」で書かれてきたものをすべて「ず」で書く。

概要 (Wikipediaから引用)

『津市』より : 津(つ) 古来の船が停泊する船着き場。または、渡船場のこと。類義語に湊・港がある。 地名 津市 - 三重県の県庁所在地 津 (鎌倉市) - 神奈川県鎌倉市にある地名 その他 津駅 - 三重県津市にある鉄道駅。

釣る

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

吊る

概要 (Wikipediaから引用)

吊るし飾り(つるしかざり)は伝統工芸の一種。雛祭りの際に、糸の先に布製の人形などを吊るしてひな人形とともに飾る。インテリアとして、折り紙やビーズを糸の先につけて飾った物を吊るし飾りと呼ぶ場合もある。 福岡県柳川市のさげもん、静岡県東伊豆町稲取地区の雛のつるし飾り、山形県酒田市の傘福を称して日本三大手芸とすることがある。 さげもん 柳川地区でひな祭りに飾られる装飾。「さげもん」及び「さがりもの」と呼ばれる。旧暦3月1日から4月3日にかけて「さげもんめぐり」が開催され、各戸に飾られる。 竹ひごに縮緬を巻いて作った輪に糸を7本掛け、各々に7個(計49個)布製の人形を吊るし、中央に柳川鞠を2個配したものを2組1セットとして雛壇の両側に飾る。小型の物は、糸5本、人形25体(5×5体)、鞠1個が標準となっている。詳細は記事さげもんを参照。 雛のつるし飾り 伊豆稲取地区でひな祭りに飾られる装飾。「雛のつるし飾り」及び「吊るし」と呼ばれる。ひな人形の代わりに手作りの人形を飾ったのがはじまりとされている。雛のつるし飾りは、娘の成人後にどんど焼きにくべる習慣があったため、古い物は残っておらず、最古の物は100年程度前の物と言われている。

つる

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。