「ついごめ」とは?

言葉 詳細
築籠

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

築篭

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

対米

概要 (Wikipediaから引用)

対米従属論(たいべいじゅうぞくろん)とは、戦後の日米関係に関する一見解。 太平洋戦争で大日本帝国を打ち破り占領支配した主要国であるアメリカ合衆国連邦政府に、日本国政府は付き従っておれば間違いはないとする考えである。 日本共産党の見解 1961年の日本共産党第8回大会で採択された日本共産党綱領では、日本の地位を「高度に発達した資本主義国でありながら半ば占領された従属国」と位置付け、日本独占資本の支配と共に、これに反対して日本の独立を勝ち取る「反帝・反独占の人民の民主主義革命」を掲げた。 日本共産党のこの認識は、用語を変えながらも基本的に変化していない。この認識に対して、日本社会党の一部や新左翼各潮流からは、「米国から自立した日本帝国主義の存在を無視する論である」、「社会主義革命を永遠の未来へ押しやるための口実である」等との批判がなされてきた。 その他の論者の見解 孫崎享は、親米保守と反米保守という対米従属派の観念による二元論に疑義を呈し、従米右翼という戦後日本のナショナリズムの歪さを指摘して、日本の主権を侵害している主体がアメリカ合衆国(米国)であると指摘し、中国や朝鮮半島が批判の対象になっていることに疑問を呈する旨の発言をしている。