「ついちょう」とは?

言葉 詳細
追徴

概要 (Wikipediaから引用)

『没収』より : 没収(ぼっしゅう)とは、犯罪に関係のある物の所有権を国に移し、国庫に帰属させる刑罰である。日本では、刑法9条・19条に規定されるほか、各種の特別法に規定がある。付加刑であるため、主刑から独立してこの刑罰を単独で科すことはできない。 没収に関する刑法総則の規定 没収の対象物 刑法上、次の物は没収する(刑法19条1項)。没収するか否かは裁判所の裁量に委ねられている、任意的没収である。 犯罪組成物件 犯罪行為を組成した物(同項1号)。偽造文書行使罪における「偽造文書」、殺人罪、凶器準備集合罪などで使用した「凶器」など。 犯罪供用物件 犯罪行為に使用し、又は使用しようとした物や道具(同項2号)。殺人罪や傷害罪で使用した「凶器」、文書偽造罪で作成に用いられた「印章」や「パソコン」など。 犯罪産出物件(犯罪生成物件)・犯罪取得物件・犯罪報酬物件 犯罪行為によって生じ、若しくはこれによって得た物または犯罪行為の報酬として得た物(同項3号)。

追弔

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。