「づかい」とは?

言葉 詳細
使い

概要 (Wikipediaから引用)

『懐炉』より : 懐炉(かいろ)とは、化学発熱体や蓄熱材等を内蔵し携帯して身体を暖めるもの。 種類 温石 古い時代には、懐中に入れて暖をとるものとして、火鉢等で加熱した滑石等を適度に冷ますか、布に包んで温度を調整して使用していた。これを温石(おんじゃく)という。また、塩のみまたは塩と糠を混ぜたものを炒って布に包んだもの(塩温石)も同様に使用されていた。江戸時代くらいまでは一般的だったようである。 日本と同様に中世ヨーロッパまでは布団の足元に設置し睡眠をとるという共通的な利用方法であった。 灰式カイロ 江戸時代の元禄期初期には、木炭末に保温力の強いナスの茎などの灰を混ぜたもの(懐炉灰)を通気孔の開いた金属容器に密閉して燃焼させるカイロがあったことが知られている。この木炭末に混ぜる灰としては他に麻殻や桐の灰が使われた。 現在でも現役商品であり、通信販売のほか冬期におけるレンズの結露防止用に用いられるため、カメラ量販店で取り扱っていることがある。

遣い

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。