「づくり」とは?

言葉 詳細
造り

概要 (Wikipediaから引用)

造り酒屋(つくりざかや)とは、蔵で酒を醸造し、店舗でそれを販売する職業。 軒先に提げてある杉玉が目印となる。 鎌倉時代に発生し、室町時代には隆盛期をむかえた。 単なる酒屋との定義の境界線が明確にあるわけではないが、一般に酒屋は土倉(どそう)として、金融業や、荷送りなどの流通業、通信業などさまざまな業種を扱う総合的な豪商で、都市の中心にしっかりとした店舗をかまえ、手代や丁稚などの店員のほか、用心棒なども養っていた大所帯である概念が強い。 一方、造り酒屋は純粋に酒を造りそれを売っていた所という概念で、規模も必ずしも大きくなく、ときには蔵人が一人で営んでいて、場所も都市の中だけでなく農村部や山間部にも多かった。かなりさびれた街道沿いにも造り酒屋が点在していた様子が昔の紀行文などからうかがえる。 蔵や店舗は自前の所有であったが、たとえば、関東地方から東北地方に点在した江州蔵(ごうしゅうぐら)のように、はるか遠方に住む経営者が資本を持ち、派遣された蔵人が必要に応じて土地の労働者を季節雇用して営んでいるところもある。

作り

概要 (Wikipediaから引用)

作り物語(つくりものがたり)は、王朝物語のうち架空の人物を主人公として展開される小説的な作品を指す。 『はこやのとじ』『からもり』などを嚆矢として、『源氏物語』によって頂点を迎え、これにつづく一群源氏亜流物語、さらに中世期物語にいたるまで、王朝物語の主流を成し、もっとも多くの作品数を誇る分野である。

づくり

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。