「づけ」とは?

言葉 詳細
付け

概要 (Wikipediaから引用)

付け下げ(つけさげ)は付下げとも書き、日本の女性用の和服で、訪問着を簡略化した染めの着物である。 外見的な特徴は、訪問着より模様が少なく、衿と肩、裾の前身頃とおくみの模様がつながっていないことである。 付け下げは反物のまま染色され、販売時にも反物のまま店頭に並べらることが多い。 20世紀前半に小紋を作る手法を発展させて、布を裁断すると模様の上下方向が統一されるようなデザインを反物の布に描く技術が発達した。この技術により、小紋よりも華やかな模様のある和服を作ることができるようになった。そのような和服が付け下げと呼ばれた。 八掛が共裾ではないことが多い。 訪問着に近い柄ゆきのものは付け下げ訪問着と呼ばれる場合もある。 太平洋戦争中に絵羽模様の訪問着が禁制品となり、代用として定着した。花柳界の仕事着として重宝されたが、昭和30年代に幅広く着られる略礼装として流行した。付け下げが登場した頃は、まだ模様の華やかさでは訪問着に劣る和服であった。しかし、次第に凝った華やかな模様の付け下げが作られるようになっていった。

漬け

概要 (Wikipediaから引用)

『漬物』より : 漬物(つけもの)とは、様々な食材を食塩、酢、酒粕などの漬け込み材料とともに漬け込み、保存性を高めるとともに熟成させ、風味を良くした食品。これらの漬け込み材料は高い浸透圧を生じたり、pHを下げたり、あるいは空気と遮断する効果を持つ。漬物の種類によっては、乳酸発酵などの発酵と、それによる保存性や食味の向上が伴う。 発酵を伴うタイプの漬物は、材料に自然に付着している乳酸菌と材料に含まれる糖類によって発酵し、保存性と風味の向上が起こるが、麹などを添加して発酵の基質となる糖類を増やしたり、そこに含まれる酵素によって風味を向上させる酵素反応を誘導することもある。一方、実際には浅漬け、千枚漬け、松前漬け、砂糖漬け等、その製造に発酵をともなわないものも多くあり、漬物すなわち発酵食品と分類することは誤りである。 漬物を漬けるには漬物樽などの容器を用いるが、重石やネジ式押え蓋等を組み込んだ各種の調理用漬物器も用いられる。 「こうこう(香々)」「おこうこう(御香々)」「こうのもの(香の物)」などともいう。

概要 (Wikipediaから引用)

『消費税』より : 消費税(しょうひぜい)は、消費に対して課される租税。日本においては、「消費税法に規定する消費税」と「地方税法に規定する地方消費税」の総称。 分類 消費税は消費そのものを課税対象とする直接消費税と最終的な消費の前段階で課される間接消費税に分類できる。前者の「直接消費税」にはゴルフ場利用税などが該当し、後者の「間接消費税」には酒税などが該当する。 間接消費税はさらに課税対象とする物品・サービスの消費を特定のものに限定するかどうかに応じ、個別消費税と一般消費税に分類できる。 消費税 直接消費税 間接消費税 個別消費税 一般消費税以下消費税と言う場合には特に断りが無い限り一般消費税のことを言う。 なお、中華人民共和国にも「消費税」(消費税)と呼ぶものがあるが、一部の「贅沢品」だけにかかる特別税で、日本の制度としては既に廃止された物品税に近い。日本の消費税に類似する一般間接税は「増値税」(增值稅、付加価値税の意味)と呼ばれる。 個別消費税 個別消費税は特定あるいは一群の財貨・サービスに対する課税である。

づける

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

づく

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。