「て」とは?

言葉 詳細

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

概要 (Wikipediaから引用)

つ、ツは、仮名のひとつである。1モーラを形成する。五十音図において第4行第3段(た行う段)に位置する。日本語の音節のひとつであり、清音の他、濁音(づ、ヅ)を持つ。または、促音の表記に用いられ、この場合には一般に「っ」「ッ」のように捨て仮名 小さく書かれる。促音は単独で音節を構成しない。 現代標準語の音韻: 1子音と1母音「う」から成る音。子音は、次の通り。 *清音 「つ」: 舌を上歯茎に付けて、離すときに、狭い隙間を作って摩擦した音を出す無声歯茎破擦音。 *濁音 「づ」: 語中においては舌を上歯茎に付けて、離すときに、狭い隙間を作って摩擦した音を出す有声歯茎破擦音。また語頭や促音・撥音の後では舌の先を上歯茎に付けずに近づけて、隙間から声を摩擦させて通すときに出る有声歯茎摩擦音、すなわち「す」の子音の有声音である。それら二つの「づ」の発音は、一般に日本語の話者にはほとんど聞き分けられず、意味上の差異はない。「づ」は「す ず」と同じ発音であり、現代標準語では「づ」と「ず」を音の上で区別しない(四つ仮名)。現代仮名遣いでは、例外を除いて「づ」で書かれてきたものをすべて「ず」で書く。

輝る

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

てる

概要 (Wikipediaから引用)

『てるてる家族』(てるてるかぞく)は、2003年度下半期のNHK連続テレビ小説。通算第69作目であり、NHK大阪放送局が製作した。連続テレビ小説シリーズ初の地上デジタル放送でもある2003年9月29日から2004年3月27日の全150回に渡って放送された。2016年4月11日より、NHK BSプレミアム『連続テレビ小説アンコール』(日曜を除く毎日7:15-7:30)にて全話アンコール放送されている。 作家・作詞家・なかにし礼著の小説「てるてる坊主の照子さん」を基に、大森寿美男が脚本を書いた。 原作・舞台 原作は、戦後昭和の大阪府池田市栄町商店街を舞台に、なかにしの妻・石田由利子(芸名 石田ゆり)とその家族をモデルにした小説である(2001年5月から2002年4月にかけて北海道新聞、東京新聞、中日新聞、西日本新聞に連載され、新潮社から刊行された)。

照る

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

概要 (Wikipediaから引用)

て、テは、日本語の音節のひとつであり、仮名のひとつである。1モーラを形成する。五十音図において第4行第4段(た行え段)に位置する。清音の他、濁音(で、デ)を持つ。 現代標準語の音韻: 1子音と1母音「え」からなる音。子音は、次の通り。 清音 「て」: 上歯茎に舌を付けてから離すときに生ずる破裂音。無声。 濁音 「で」: 上歯茎に舌を付けてから離すときに生ずる破裂音。有声。 五十音順: 第19位。 いろは順: 第35位。「え」の次。「あ」の前。 平仮名「て」の字形: 「天」の草体 片仮名「テ」の字形: 「天」の部分の変形 ローマ字 て: te で: de 点字: 「て」の点字 通話表: 「手紙のテ」 モールス信号: ・-・-- 手旗信号:6→350px50px 変体仮名: ファイル:変体仮名て0001.png(帝の崩し字) 発音:Japanese te.ogg て て に関わる諸事項 「て」は、日本語の接続助詞の一つである。