「てあそび」とは?

言葉 詳細
手遊び

概要 (Wikipediaから引用)

手遊びは、 てあそび 手を用いた遊び。 てすさび この項目で説明する。 手すさび 手遊び(てすさび)とは、暇つぶし、気晴らしなどの目的で行われる他愛もないことの総称である。手すさみ、手慰みともいう。 特に習得や資格の取得などを目的にせず、仮に資格を取ってもそれを仕事や営利の対象にしない習い事、学習、藝術、武術などをいう場合が多い。懸賞などに応募する目的で、小説、詩歌などの文芸作品を書いたり、人にあげて喜んでもらうためにする手芸や日曜大工なども手遊びである。 趣味や道楽とほぼ同じ意味であるが、それより軽いイメージである。高じて「素人離れ」や「玄人跣」になると、「もう手遊びの段階は脱したね」とほめられることになる。 また体育の授業中などにする手遊び(草いじりや指いじり)もある。 関連項目 手。