「てあて」とは?

言葉 詳細
手当

概要 (Wikipediaから引用)

手当・手当て(てあて) 病気やけがの処置を施すこと 医療行為 - 治療を参照。 急な病気や怪我の処置 - 応急処置を参照。 看護業務 - ケアを参照。 手を患部に当てる療法 - 手当て療法を参照。 支払われる金銭 チップ (サービス) 基本の賃金のほかに諸費用として支払われる金銭 - 手当 (給与)を参照。 ある対象者に対して行政から支払われる金銭 - 例:子供手当、児童手当。

手当て

概要 (Wikipediaから引用)

手当て療法(てあてりょうほう)、手当ては世界各地で見られる療法で、手のひらや指先を患部などに当てたりかざしたりするだけで身体の不調を治そうとする方法。触手療法(しょくしゅりょうほう)、手のひら療法(てのひらりょうほう)、手かざし、ハンド・ヒーリング、ヒーリング・タッチとも呼ばれる。宗教的行為として行われることもあれば、補完医療、難病や終末医療における癒しとして行われることもある。 国や地方、創始者により各種の方法があり、直接に患部に手のひらや指を触れて行なう方法(接触型、手当て)と、身体から少し離して手のひらや指先を当てる方法(非接触型、手かざし)がある。患者と施術者に物理的接触が伴う・伴わないという大きな相違点があり、実際に行われることは別であるが、混同されることもままある。 元々宗教と関係が深く、信仰の癒し(信仰療法)や呪術的治療の一種であり、古くからおこなわれていた。新約聖書は、信仰があれば手当てによる癒しが可能であるとしている。中世には王が手を当てることによって病気が治るロイヤル・タッチという言い伝えがあり、シェイクスピアの『マクベス』 第4幕第3場に描写がある。

手あて

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。