「てぃんぷー」とは?

言葉 詳細
ティンプー

概要 (Wikipediaから引用)

ティンプー(ゾンカ語:ཐིམ་ཕུ、Thimphu)は、ブータン王国の首都。ブータン最大の都市。 ブータン西部、ヒマラヤ山脈の南東にある盆地の底に位置している。標高は2,320m。ティンプー県に属する。 1958年、大阪府立大学の植物学者であった中尾佐助はブータンを探検し、その当時首都とされていたプナカを訪れた。しかしプナカは人気も人家も少なく、荒れた谷になっていた。それに先がけ、中尾はティンプーを訪れて王宮で国王に謁見していた。この出来事によって、同国の首都がティンプーに移転していたことが世界に明らかにされた。それ以前のティンプーは小さな村に過ぎなかったが、ジグミ・ドルジ・ワンチュク国王の主導で整備が行われ、プナカからの遷都は1961年に完了した。 現在の市街地はウォン・チュ川(Wang Chuu)のつくりだした峡谷の西の斜面に広がっている。地方からの人々の流入で中心部の再開発や郊外の都市化も進行している。 法律で、全ての建物は伝統的な様式でなければならない。 経済 農産物の集散地であるほか、近年では食品工場や製材所も現れてきた。