「でぃあー」とは?

言葉 詳細
ディアー

概要 (Wikipediaから引用)

ディアーヌ・ド・ポワチエ(Diane de Poitiers, 1499年9月3日 - 1566年4月25日)は、フランスの貴族女性。フランソワ1世とアンリ2世の親子2代のフランス王の時代に宮廷に出入りしたが、特にアンリ2世の愛妾として有名である。 前半生と結婚生活 ディアーヌ・ド・ポワチエは、サン・ヴァリエの領主ジャン・ド・ポワチエ(1539年没)とジャンヌ・ド・バタルネの娘として、サン・ヴァリエ城で生まれた。サン・ヴァリエはローヌ=アルプス地方のドローム県にある街である。 まだ少女の時に、ルイ11世の娘アンヌ・ド・ボージューの随員だった時期がある。アンヌは弟シャルル8世の未成年期にはフランス摂政を務めたこともある強い女性であった。 15歳の時、39歳年上のアネ(fr)の領主ルイ・ド・ブレゼ(fr)と結婚する。ルイはシャルル7世の孫で、フランソワ1世の宮廷に仕えた。ディアーヌはルイとの間に、以下の2人の娘を産んだ。 フランソワーズ・ド・ブレゼ(1518年 - 1574年) - ブイヨン公ロベール4世・ド・ラ・マルクと結婚 ルイーズ・ド・ブレゼ(1521年 - 1577年) - オマール公クロード2世と結婚1524年にディアーヌの父ジャンは、ブルボン公シャルル3世の共犯者として反逆罪で訴えられるが、処刑寸前にフランソワ1世によって断頭台から救い出された。