「でぃなー」とは?

言葉 詳細
ディナー

概要 (Wikipediaから引用)

『夕食』より : 夕食(ゆうしょく)とは、夕刻や晩に食べる食事のこと。 夕餉(ゆうげ)、晩御飯(ばんごはん)、晩餐(ばんさん)とも。 夕食というのは、夕刻に食べる食事のこと、あるいは晩に食べる食事のことである。 一般に夕食は、就寝前2~5時間程度の余裕を持って食べる傾向が見られ、これがいわゆる日没の時間帯=夕方に成るために夕飯といわれる。日没後の夜間に食べる食事は「晩飯」と呼ばれるが、夜間の活動時間が長くなった現代では、晩飯を「夕食」と呼ぶことも多い。 夕食というものの位置づけは、文化圏ごとに異なっている。 朝食や昼食を食事の中心におく食文化では、夕食は一般に軽い食事となる傾向がある。 反対に、昼食を軽いもので済ます食文化では、夕食でたっぷりとした量の食事を摂る。英米圏(アングロサクソン系)の一般的な夕食がこれにあたる。 照明の発達などで夜間に長く活動するようになった地域でも夕食が重視される傾向が強い。 なお、夜間・特に深夜帯に摂る食事は夜食と呼ばれる。夜食は通常、夕食とは別に摂取されるものであり、夕食とは区別される。