「と」とは?

言葉 詳細

概要 (Wikipediaから引用)

都(みやこ、と) 都(みやこ) 「宮処(みやどころ、みやこ)」から転じた言語で、天皇の宮殿(皇居)が所在するところを指す言葉である。藤原京(奈良県橿原市)、難波京(大阪府大阪市)、平城京(奈良県奈良市)、長岡京(京都府向日市・長岡京市)、平安京(京都府京都市)、東京など。 上記を拡大的に解釈し、現在では政治や行政の中枢機関が置かれた都市に使用されることもある。統治システムの階層ごとにその中枢が設置される都市があるため、国家レベルの中枢都市は「首都」と言い、広域自治体(米国では州、日本では都道府県)レベルの中枢都市は俗に「州都」、「道都」、「県都」などと言う。→都道府県庁所在地 何かを特徴とする土地。都会。「花の都・パリ」、「水の都・大阪」、「杜の都・仙台」というように用いられる。→都市を形容する俗称都(と) 行政区画 。 日本の行政区画で都道府県の一種。東京都。 大阪都構想、中京都構想 タイの行政区画。バンコク都のみ。その他接尾辞として、特定の都市の特徴を形容するのに用いられる。 関連項目 都で始まる記事の一覧 日本の首都 かつての首都の一覧。

概要 (Wikipediaから引用)

斗(と)とは 尺貫法における体積(容積)の単位。 13弦の箏での11弦目の名称。本項では1.について述べる。 10升が1斗、10斗が1石となる。日本では、明治時代に1升=約1.8039リットルと定められたので、1斗=約18.039リットルとなる。 中国では、1升=1リットルと定められたので、1斗=10リットルとなる。ただし、時代によって異なり、時代が下るに連れ容積が大きくなる傾向にある。周代は1.94リットルであったが、秦代に3.43リットル。後漢で1.98リットルに一度減るが、その後は魏・西晋で2.02リットル、隋・唐で5.94リットルなどと増え続け、明代には10.74リットルとほぼ現代と同じになった。 約1斗の容積を持つ直方体形のブリキ缶は、日本ではかつて「一斗缶」と呼ばれていた。第二次世界大戦後は「五ガロン缶」(5 USG=18.93リットル)という名称が広まったが、後に「18リットル缶」が正式名称とされた。灯油などを入れるプラスチック製の容器(通称:ポリタンク)は一斗缶の代替として作られたものであり、その容積は1斗(18リットル)か、それより少し多い20リットルである。

概要 (Wikipediaから引用)

戸籍(こせき)とは、戸と呼ばれる家族集団単位で国民を登録する目的で作成される公文書である。 かつては東アジアの広い地域で存在していた。21世紀の現在では中華人民共和国(事実上形骸化している)と日本のみに現存する制度である。 古代以来の中国の華北社会では戸(こ)と呼ばれる形態の緊密な小家族が成立し、これが社会構造の最小単位として機能していた。そのため政権が社会を把握するためには個々の戸の把握が効果的であり、支配下の民の把握を個人単位、あるいは族的広域共同体単位ではなく、戸単位で行った。この戸単位の住民把握のために作成された文書が戸籍である。中華王朝や漢民族世界が華北から拡大しても、政権の民衆把握は戸籍を基礎として行われ、日本、朝鮮半島国家など周辺地域の国家でも戸籍の制度は踏襲された。 日本では律令制を制定して戸籍制度(→古代の戸籍制度)を導入した当時、在地社会の構造は華北のように戸に相当する緊密な小家族集団を基礎としたものではなかった。

概要 (Wikipediaから引用)

外(そと)とは、内の反対。主に対象物もしくは自分の領域以外をさす。人間が社会生活を営む上で『外』との交流は欠かせないものである。幼いころは家族以外全て『外』であり、成長するに従って外の対義語である『内』の範囲が広がっていき、物事を広い視点で捉えることができるようになる。が、それは時に心理的負担が付きまとい、場合によっては体や心に不調をもたらしたり最悪の場合は死に追いやられることもある。なので、人が生きるとは、その辛さを乗りこえて自分と自分の大切な人をあらゆる面で豊かにすることに幸福を見出すことであるとも言える。また、日本語の外は外見を意味することもある。これは、自分を内と考えた場合の外からどう見られ、どう思われるかということである。

概要 (Wikipediaから引用)

『徒罪』より : 徒罪(ずざい・徒刑(ずけい))とは、律令法の五刑の一つ。3番目に重い刑罰である。受刑者を一定期間獄に拘禁して、強制的に労役に服させる刑で今日の懲役と似た自由刑である。日本の大宝律令・養老律令では、単に「徒」と記されている。 日本では五刑の中で唯一律令制の確立とともに導入された刑で『日本書紀』の676年の条に初めて登場している。期間は1年から3年まで半年単位ごとに5段階に分けられていたが、私鋳銭製造の罪の場合は例外として終身に及ぶ事があった。 畿内の受刑者は都の造営や清掃業務に宛がわれ、女性の場合は裁縫や精米などを行い、弾正台が労役の実施状況を確認した。地方の場合にもこれに準じた措置が取られていた。受刑者には10日に1日の休暇が与えられていたが、その期間の食糧は原則自弁であった。また、病気の際には労役を猶予されたが、回復後に猶予期間分の刑期を延長された。なお、受刑者以外に働き手がいない家庭や受刑者が賎民身分の場合には杖刑によって代わりとすることもあったという。 その後、社会の荒廃や戦乱の影響によってこうした刑罰は廃れていたが、江戸時代中期の熊本藩で施行された刑法草書において、明や清の律令法の影響によって再び「徒刑」が導入されて以後、諸藩の法令にも導入されるようになっていった。

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

概要 (Wikipediaから引用)

砥部町(とべちょう)は、愛媛県の中予地方に位置する町である。 200年以上の歴史がある伝統工芸品「砥部焼」で有名。松山と高知とを結ぶ国道33号が縦貫する交通の便と、変化に富んだ緑豊かな自然により、松山市のベッドタウンとして宅地開発が進んでいる。「住んでも 訪ねても いきいき砥部」をキャッチフレーズとしていたが、新町になってから公募による「清流とほたる 砥部焼とみかんの町」をキャッチフレーズとしている。全国的に砥部と言えば「砥部焼の町」と知名度が高い。アートの里プラン21やホップ・ステップとべと言った町総合計画でまちづくりを進めている。 地理 位置 愛媛県のほぼ中央、松山市の南に重信川をはさんで連接している。松山平野の南端に位置する。 地名の由来 古来良質の砥石「伊予砥」を産し、町内の一つ地区を砥山と称していたが、周辺の地域一帯を含めて砥部と呼ぶこととなった。 地形 南部は山が多く、北は松山平野の南端の一角を占めている。南北に流れる砥部川沿いに国道33号が走り、集落が開けている。砥部地域は全体がなだらかな丘陵地にある。松山市との北東の境の丘陵地には、とべ動物園、えひめこどもの城、県立総合運動公園などのレクリエーション施設が集中している。

概要 (Wikipediaから引用)

途中下車(とちゅうげしゃ)とは、乗車券の券面に表示された発着区間内の途中駅で前途区間が有効のまま下車して出場すること。 有人駅においては、改札口を出ることで出場となるが、(接続路線のない)無人駅および有人駅の無人時間帯では、列車から下車しホームに降りた時点で出場となる。 使用する乗車券の区間内に途中下車が可能な駅があるかどうかは鉄道事業者や乗車券によって異なる。途中下車できない駅で下車した場合、乗車券は前途無効となり回収される。この場合は「途中駅での下車」ではあっても、運送約款に定められた「途中下車」ではない。途中下車が可能な駅がない乗車券に記載されている文言は「下車前途無効」であり、「途中下車前途無効」ではない(一部例外あり)。また、改札口を出ることなく列車を乗り換えるのは「途中駅での下車」ではなく、途中下車でもない。 遠距離逓減制を採用している鉄道会社では、乗車区間ごとに分けて乗車券を購入するのではなく、最終目的地までの乗車券を購入して、途中下車制度を利用したほうが安価になるケースがほとんどであるが、一部例外もある(特にJRにおいては、分割運賃の方が安くなるケースが散見される)。

盗る

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

とる

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

撮る

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

執る

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

取る

概要 (Wikipediaから引用)

変則将棋(へんそくしょうぎ)とは、将棋の盤と駒を用い、将棋とは異なるルールで対戦するゲームの総称である。どのゲームも2人で行うことを原則としており、駒の動かし方や勝敗の判定などは基本的に将棋と同じである。将棋のルールに様々な制約を課すことで、将棋とは別のゲームとなる。いくつかのゲームは一部の情報が隠されているか、確率に左右されているため、二人零和有限確定完全情報ゲームではない。 持ち駒に関するルールをアレンジしたもの 持ち駒不使用将棋 持ち駒の使用を禁止した将棋。持ち駒使用禁止将棋、持ち駒禁止将棋とも呼ばれる(とった駒はそのまま駒箱にもどす)。 取った駒が自らの持ち駒として使えない(取り捨てになる)。 そのため、持ち駒を使った攻めができない。 結果として二歩、打歩詰めが無い。 盤上の駒が減っていく西洋のチェスと類似の展開になる。 つくば市や隣接する土浦市などで比較的盛んである。 本将棋の複雑さ奥の深さが失われるが、シンプルになったからといってつまらなくなるわけではない。

捕る

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

採る

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

摂る

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

概要 (Wikipediaから引用)

と、トは、日本語の音節の1つであり、仮名の1つである。1モーラを形成する。五十音図において第4行第5段(た行お段)に位置する。清音の他、濁音(ど、ド)を持つ。 現代標準語の音韻: 1子音と1母音「お」からなる音。子音は、次の通り。 清音 「と」: 上歯茎に舌を付けてから離すときに生ずる破裂音。無声。 濁音 「ど」: 上歯茎に舌を付けてから離すときに生ずる破裂音。有声。 五十音順: 第20位。 いろは順: 第7位。「へ」の次。「ち」の前。 平仮名「と」の字形: 「止」の草体 片仮名「ト」の字形: 「止」の部分 (最初の2画。『広辞苑』第6版より) ローマ字 と: to ど: do 点字: 「と」の点字 通話表: 「東京のト」 モールス信号: ・・-・・ 手旗信号:2→550px50px 変体仮名: ファイル:変体仮名と0001.png(登) 発音:Japanese to.ogg と と に関わる諸事項 「と」は、日本語の助詞の1つである。

&

概要 (Wikipediaから引用)

『アンパサンド』より : アンパサンド (ampersand, &) とは「…と…」を意味する記号である。英語の "and" に相当するラテン語の "et" の合字で、"etc." (et cetera = and so forth)を "&c." と記述することがあるのはそのため。Trebuchet MSフォントでは、10pxと表示され "et" の合字であることが容易にわかる。 その使用は1世紀に遡ることができ (1)、5世紀中葉 (2,3) から現代 (4-6) に至るまでの変遷がわかる。 Z に続くラテン文字アルファベットの27字目とされた時期もある。 アンパサンドと同じ役割を果たす文字に「ティロ式記号のet」と呼ばれる、数字の「7」に似た記号があった(⁊, U+204A)。この記号は現在もゲール文字で使われている。 記号名の「アンパサンド」は、ラテン語まじりの英語「& はそれ自身 "and" を表す」(& per se and) のくずれた形である。

概要 (Wikipediaから引用)

『賭博黙示録カイジ』(とばくもくしろくカイジ)は、福本伸行による日本の漫画。『週刊ヤングマガジン』(講談社)で1996年から連載された。 続編として『賭博破戒録カイジ』(とばくはかいろくカイジ)、『賭博堕天録カイジ』(とばくだてんろくカイジ)、『賭博堕天録カイジ 和也編』が同誌に連載され、2013年からは『賭博堕天録カイジ ワン・ポーカー編』と題して3勤1休のペースで連載。なお、同誌目次では全シリーズ一貫して『カイジ』となっている。 本項では直接ストーリーが繋がっている続編であり、「賭博黙示録」と合わせて『カイジ』という一つの作品を構成している計5編、そしてこれらを原典として製作された複数の別メディア作品(アニメ・ゲーム・パチスロ機・実写映画)についても解説する。 自堕落な日々を過ごしていた主人公の青年“伊藤開司”が、友人の保証人となって多額の負債を抱えたことをきっかけに、様々なギャンブルに挑んでいく青年漫画。