「とあみ」とは?

言葉 詳細
投網

概要 (Wikipediaから引用)

投網(とあみ)とは、漁業に用いる漁網の一種で、岸辺や船上から魚がいると思われる地点に投げ入れて魚を捕る道具である。この漁網を用いて行う漁撈活動のことを投網漁といい、網を投げれる様に手に持つ下拵えを手取り(拵え)という。また、投網を投げることを「投網を打つ」という。 投網の構造 投網は投げた際に円錐状あるいはつりがね状に広がって沈下するように作られている。網裾(網の最も外側の部分)には等量の沈子(おもり)が取り付けられており、網裾が自動的に同時沈下して、確実に水底に着底することで、水中または水底の魚群をかぶせとるようになっている。網の周辺部は袋状になり、魚が網から逃れようとすると、そこに入る様に作られているが袋に入らず錘の下をくぐり逃げる魚も多い。 投網で漁獲できる魚は、袋に入るか網目に頭を突っ込み逃げられなくなった首くくりの魚である。 特に鮎では袋に入ることはまれで、石と錘の隙間を見つけそこから逃げたり、石の間で暫くじっとしていて網を上げた瞬間に錘の下から逃げたりとくぐり抜けの上手い魚です。

とあみ

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。