「といた」とは?

言葉 詳細
戸板

概要 (Wikipediaから引用)

戸板女子短期大学(といたじょしたんきだいがく、英語: Toita Women’s College)は、東京都港区芝二丁目21番17号に本部を置く日本の私立大学である。1950年に設置された。大学の略称は戸板。 大学全体 戸板女子短期大学は、東京都港区内にある学校法人戸板学園により運営されている日本の私立短期大学。1950年に設置された。1902年創立の戸板裁縫学校が起源となっており、現在では、服飾芸術科、食物栄養科、国際コミュニケーション学科がある。 建学の精神(校訓・理念・学是) 戸板女子短期大学には、創設者である戸板関子により掲げられた校訓「知好楽」と「至誠貫徹」の二つの言葉の中に教育方針が込められている。「知好楽」とは、論語にある孔子の言葉で「何事においても、知って、好きになって、そして楽しんで実行しよう」という意味が込められている。裁縫を学び、実践していく者の心、「楽しむにしかず」という到達の境地を示している。また「至誠貫徹」は、誠意を持って根気よく最後までやり遂げるという意味が込められている。