「ところ」とは?

言葉 詳細
ところ

概要 (Wikipediaから引用)

『所沢市』より : 所沢市内循環バス(ところざわしないじゅんかんバス)は、埼玉県所沢市で運行されている、コミュニティバスである。愛称は「ところバス」。バスの運行は、所沢市が西武バス所沢営業所に委託している。 所沢市内には多数の幹線道路や市道などの生活道路が存在するが、各方面から往来する一般自動車による道路渋滞により一般路線バスの定時運行が難しくなり、路線バスの廃止や短縮などが余儀なくされていた。が、一般路線バスが走らなくなった道路沿線に住む住民の交通の足として、バス廃止後も「復活させてほしい」と頼りにされており、一般路線バスが走る事が出来ない狭隘道路などの「交通空白地域」からも何らかの形でバスを走らせてほしいとの陳情は多く寄せられていた。そこで市で検討し、市役所はじめ主要官公庁の集まる航空公園駅を起点に、1998年に2路線が開業したのが始まりである。その後、路線の追加・統合を経て、現在の運行形態となる。 現行の運行路線 ※主なバス停名を記載。 東路線(柳瀬循環コース)航空公園駅 - パークタウン所沢警察署 前- 秩父学園入口 - 道傍公園 - 所沢ニュータウン - 中富角 - エステシティ所沢 - 柳瀬民俗資料館 - やなせ荘入口 - 柳瀬公民館入口 - 東所沢駅 - 東部クリーンセンター - 秩父学園入口 - パークタウン所沢警察署 - 航空公園駅 東路線(松井循環コース)航空公園駅 - パークタウン所沢警察署前 - 秩父学園入口 - こぶし町中央 - 鶴亀園南 - 東所沢駅 - 和田南会館 - 松戸橋 - 西武秋津団地 - 保健センター - 市民医療センター - 航空公園南 - 航空公園駅 西路線(新所沢・三ヶ島コース)航空公園駅 - 防衛医大病院前 - リハビリテーションセンター - 泉町 - 新所沢駅西口 - 新所沢コミュニティセンター - 小手指駅北口 - 吉祥院前 - 狭山ヶ丘駅東口 - JA三ヶ島支店北 - 三ヶ島公民館 - 芸術総合高校 - 狭山湖口 - 西埼玉中央病院 - 狭山ヶ丘駅西口 南路線(吾妻循環コース)所沢駅東口 - 保健センター - 所沢駅西口 - 吾妻 - JA吾妻支店前 - 吾妻公民館 - 競輪場入口 - 西武園駅 - 遊園地西駅 - 山口城跡 - 下山口駅入口 - 小手指南 - 上新井 - 西所沢駅入口 - 金山町五丁目 - 中央公民館 - 保健センター - 所沢駅東口 南路線(山口循環コース)航空公園駅 - 防衛医大病院前 - リハビリテーションセンター - ところ荘入口 - 中央公民館 - 金山町五丁目 - 西所沢駅入口 - 上新井 - 小手指南 - 下山口駅入口 - 山口城跡 - 高橋 - 上山口 - 椿峰ニュータウン - 春の台公園 - 吾妻公民館 - JA吾妻支店前 - 吾妻 - 所沢駅西口 - 保健センター - 市民医療センター - 航空公園南 - 航空公園駅 北路線(富岡循環コース)航空公園駅 - 防衛医大病院前 - リハビリテーションセンター - 新所沢駅東口 - 向陽町 - 北岩岡 - 富岡公民館 - ネオポリス中央 - JA富岡支店前 - 下富公民館 - 所沢リハビリテーション病院 - 所沢ニュータウン - 並木通り団地 - 所沢市民体育館 - リハビリテーションセンター - 防衛医大病院前 - 航空公園駅 1998年5月1日 東路線(現在の「東路線 航空公園駅循環コース」)、西路線が運行開始。

常呂

概要 (Wikipediaから引用)

常呂町(ところちょう)は、北海道網走支庁管内の常呂郡に存在した町で、2006年(平成18年)3月5日に北見市、留辺蘂町、端野町と新設合併し、北見市の一部となった(住所表記は北見市常呂町)。合併後も自治区が設けられ、一定の自治が認められる形となっている。 町名の由来は、アイヌ語の「トー・コロ」(沼のある所)から。カーリングの町としても有名。 合併に至るまで 常呂町は常呂郡の地域ではあるが、昔から網走市と佐呂間町の結び付きが強かった。そのため、常呂町はサロマ湖岸の佐呂間町・湧別町・上湧別町との枠組みで合併協議して合併を目指す予定だったが、これに当時の常呂町首脳は生活圏が遠軽町に変わることを恐れ反対し、北見市との協議に入った。 また、当時の女満別町(現・大空町)も「網走市・女満別町・東藻琴村・美幌町・津別町・常呂町」の枠組みを発案したが、常呂町は不参加した。 その後、住民投票も賛成の声が反対を上回り北見市と合併することとなった。 地理 網走支庁中部に位置。北部はオホーツク海に接し、常呂川の河口を有する。 西部はサロマ湖に隣接、南部は丘陵地帯。

概要 (Wikipediaから引用)

所(ところ)とは、特定の場所を指して称する呼び方。 本来は「一区画が高く平らになっている場所」を指し、転じてある特定の条件を有した区域を指すようになった。更に時代が下るにつれて何らかの機能を持つ場所・機関や人間が居住している場所やその区画およびそこに形成された町村などの組織を指すようになった。前者に関しては所 (機関)を参照のこと。 後者の意味における「所」という表現は中世以後しばしば見られる。例えば特定の地域及びその住民の荷物などを差し押さえる「所質」、罪を犯した人間を特定の地域での居住・立入を禁止する「所払」、都会に住んでいた人が元来住んでいた故郷――江戸時代には田舎一般を指した「在所」などは、そこから派生した用語である。 脚注 参考文献 吉田孝/網野善彦「所」(『日本史大事典 5』(平凡社、1993年) ISBN 978-4-582-13105-5) 関連項目 位置 空間 土地 地域。

土古路

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

野老

概要 (Wikipediaから引用)

野老山吾吉郎(ところやま あきちろう、弘化3年10月10日 (旧暦) 10月10日(1846年11月28日) - 元治元年6月27日 (旧暦) 6月27日(1864年7月30日))は、江戸時代・末期の土佐藩士。名を輝朗、のち所山五六郎を名乗った。野老山氏(山野辺氏)は元は伊賀の国人であり、6世紀後半に蘇我氏の傍流(後の長宗我部氏)が四国に赴任するのに従い奈良を離れ、以後、長宗我部氏に代々仕えた。四国平定の際に、功績として野老山一帯(高知県高岡郡)の所領を賜った事が野老山姓の由来であるとされる。1600年、関ヶ原の戦いで長宗我部盛親が西軍に与し、改易となった際に郷士となった。なお、小説『竜馬がゆく』を執筆した司馬遼太郎は奇姓を衒(てら)ったのか、後に執筆した歴史小説『夏草の賦』の中で、主人公長宗我部元親が斎藤利三の妹、菜々を娶る際の使者として野老山姓の者を登場させている。