「とさいぬ」とは?

言葉 詳細
土佐犬

概要 (Wikipediaから引用)

『土佐闘犬』より : 土佐闘犬(とさとうけん)は、明治時代に入ってから、闘犬の盛んな四国、土佐藩で四国犬に、イングリッシュ・マスティフやオールド・イングリッシュ・ブルドッグ、ブル・アンド・テリア、グレート・デーンなどを配し作られた犬の品種である。常に単に土佐犬(とさけん・とさいぬ)と呼ぶこともあるが、本来は四国犬の呼び名であった。 毛 赤、黒、虎が基本色。以前は斑毛の犬もいたが今はほとんど見る事はない。緋赤が最上級の毛色とされる。短毛。 体格 日本犬には他に類を見ない堂々たる筋肉質。頭は大きく、マズルはマスティフそのもの。皮膚は咬まれても大丈夫なように弛んでいる。長いたれ尾に、耳はたれ耳。稀に笹耳もいる。体重は30キロ台から100キロ超まで様々。闘犬の愛好団体によって異なる基準を持っているが、およそ55キロから上の犬を大型犬と呼んでいる。 使用用途 闘犬、荷物引き、護衛犬、ペット。 性格 闘犬用として作られた犬なので、闘争本能が強く成犬雄同士は近づけない方が良い。主人とその一家には従順である。 寿命 10 - 12年ほど。この種の最高記録はメスで18歳。

トサイヌ

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。