「ど」とは?

言葉 詳細

概要 (Wikipediaから引用)

土(つち、ど、と) 地表を覆う物質層(つち) ⇒ 土壌 1を使用する食材(つち) ⇒ 土 (食材) 1を万物の元素の一つとする考え(ど) ⇒ 五行思想#五行、四大元素 1を意味する漢字を分類した部首名の和称(つち) ⇒ 土部 1を題材とした長塚節の長編小説、および同作を原作とした日本映画(つち) ⇒ 土 (小説) 太陽系の惑星の一つ、七曜の一つの略(ど) ⇒ 土星 2を起源とした曜日の一つの略(ど) ⇒ 土曜日 露土戦争等で用いられる国名の漢字表記「土耳古」の略(と) ⇒ トルコ 日本の地名、大字。

概要 (Wikipediaから引用)

度(ど、degree)は、角度、温度など何らかの数量・程度を表す単位。 度 (角度)。角度の単位。 度 (温度)。温度の単位。セルシウス度、ファーレンハイト度など。 °の記号。 音程#度。 アルコール度数。 レンズの屈折度 → ディオプトリを参照 水の硬度の単位。 回数の助数詞。1度 = 1回。 量(度合)であることを示すのにつかわれる。粘度、酸性度、精度など。 仏教において「渡る」と同じ意味で彼岸に渡る(到彼岸)の意味につかれる。→波羅蜜・彼岸 関連項目→得度・年分度者。

概要 (Wikipediaから引用)

『伊集院光 深夜の馬鹿力』より : 伊集院光 深夜の馬鹿力のコーナー(いじゅういんひかる しんやのばかぢからのコーナー)では、TBSラジオ他全国5局ネットで放送されている『伊集院光 深夜の馬鹿力』で放送されたコーナーについて述べる。 リスナー投稿型のコーナーで、テーマに沿って送られてきたネタを紹介する。 現在、コーナーへの投稿は、ハガキもしくは番組公式サイトに設定されている投稿フォームに限られている。この番組専用の投稿フォームが設定されている理由は以下のとおりである。個人情報保護法施行前は投稿されたハガキなどを伊集院の自宅で投稿を吟味していたが、法施行後は、TBSラジオの個人情報保護方針で住所・氏名などが明記されているハガキやメールなどを局外に持ち出すことができなくなった。そのため、現在、投稿フォームを通して投稿されたリスナーのネタは、個人情報を取り除いた投稿内容のみを伊集院の手元に転送するように設定されている。 ネタの投稿者を紹介する時に、「投稿者のペンネーム・プラス・別の投稿者のペンネーム」と言った場合は二人の投稿者の内容を合わせて伊集院が修正したものであり、「投稿者のペンネーム・プラス」と言った場合は伊集院が手を加えたものであることをあらわす。

概要 (Wikipediaから引用)

ド ドは、との濁音を表す片仮名。→ど ド(Do)は、音の階名のひとつ。長調では主音となる。→階名、ハ (音名) ド(de)は、フランス語の前置詞のひとつの片仮名表記。

どる

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

概要 (Wikipediaから引用)

『水曜どうでしょう』より : 『水曜どうでしょう』(すいようどうでしょう、How do you like wednesday?)は、北海道テレビ放送(HTB)制作のバラエティ深夜番組。通称は「どうでしょう」・「水どう」・「どうリタ(リターンズ)」・「どうクラ(Classic)」など。シンボルキャラクターは福助人形。 北海道のローカル番組ながら、旅をメインとした様々な企画を行い、口コミやインターネットなどでファンを拡大した。レギュラー放送は2002年9月に終了したが、再放送である『どうでしょうリターンズ』・『水曜どうでしょうClassic』(水曜どうでしょうシリーズ参照)が今日でも各地で放送されており、2007年には全国47都道府県すべてで放送を達成した。そしておよそ数年に1回のペースで『水曜どうでしょう』自体の新作も撮影・作成され、こちらも北海道での本放送開始を皮切りに順次放送されている。また、番組を再構成・再編集したDVD『水曜どうでしょうDVD全集』も発売されている。 1996年10月9日に放送を開始。レギュラー出演者は鈴井貴之(以下「鈴井」)と大泉洋(以下「大泉」)、ロケ同行ディレクターは藤村忠寿ディレクター(以下「藤村D」)と嬉野雅道ディレクター(以下「嬉野D」)の2名。