「どあ」とは?

言葉 詳細
ドア

概要 (Wikipediaから引用)

『扉』より : 扉(とびら)、ドア(英: door)とは一般に建物(家屋など)やその内部の部屋、自動車・鉄道車両・航空機などの乗り物の出入口につけられる建具である。戸(と)とも言うが、扉は開き戸、戸は引き戸の事を指す事が多い​​。 人や物の出入りを主目的しない建物の開口部は窓に分類する。人や物が出入りをするフランス窓、吐き出しなどをどう分類するとよいかは立場による。扉に取り付けた飼い犬や飼い猫などが通るための押し開き式の小さな扉は「ペットドア」という。 なお、収納用の家具で物を出し入れする部分に取り付けられる開閉式の板も扉という。戸棚、押入れが典型的である。 機能と構造 扉は、壁の開口部を閉じたり、空間を他と遮断する役目をする。 扉は建具のうちでも人や物の出入りに伴って頻繁に操作される部分であり、そのため開閉には多くの力を必要としない構造上の工夫が凝らされる。その一方で建物の内外を遮断するという目的においては、必要の無いときには開け放たれないよう、ラッチ状の留め金が組みつけられたり、鍵などによって閉鎖する機能を備えるものも多い。