「どい」とは?

言葉 詳細
土肥

概要 (Wikipediaから引用)

土肥 ポン太(どひ ポンた、1971年6月6日 - )は、日本のお笑い芸人、実業家である。本名、土肥 耕平(どひ こうへい)。 大阪府大阪市生野区出身。よしもとクリエイティブ・エージェンシー東京本社所属。 大阪NSC12期生。NSCの同期にはCOWCOW、小籔千豊、2丁拳銃ロンブーなどがいる。またNSC出身以外のほぼ同期にはテンダラーの浜本、DonDokoDonなどがいる。 株式会社ポン太青果代表取締役。 1993年、NSC同期の古高義広と「スキヤキ」を結成。1995年 NSC12期生6組によるユニットフルーツ大統領を結成。吉本印天然素材に続くアイドル的なユニットとしてデビューし、書籍やCDを出版。しかし所属劇場がなく、地方周りを続けざるを得ない日々が続く。1999年、フルーツ大統領活動休止。 1999年、baseよしもと開場。TVの初レギュラーも決まった矢先、相方の古高が「公務員になる」と言いだす。 2001年、スキヤキ解散。一時は自身も芸人を辞めようかと悩んだが、ケンドーコバヤシに説得されたこともありピン芸人、土肥耕平として活動開始。

土井

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

土居

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

どく

概要 (Wikipediaから引用)

『どくとるマンボウ青春記』は、北杜夫の「マンボウもの」と呼ばれる随筆の一つ。 『どくとるマンボウ追想記』に続いて北杜夫(斉藤宗吉)の麻布中学入学前後から旧制松本高等学校を経て東北大学医学部入学、そして父親の斎藤茂吉が亡くなるところまでが描かれている。この作品では主に空襲の激しくなった東京を離れて入学した旧制松本高等学校思誠寮での旧制高校生の生活がパワー溢れるタッチで描かれている。『或る青春の日記』がこの作品の土台になっている。 続篇の位置に『どくとるマンボウ医局記』があり、東北大学医学部を卒業後の医局時代の出来事が描かれている。 早坂暁の『ダウンタウン・ヒーローズ』、井上ひさしの『青葉繁れる』とともに、往時の学生気質を懐かしむ読者をもつ。 登場人物 蛭川幸茂  ヒルさん 望月市恵 辻邦生 松崎一 (物理学者) 所収 どくとるマンボウ青春記(中央公論社、1968年、1973年、1990年)ISBN 4-12-201722-X 北杜夫全集 第13巻(新潮社、1977年) どくとるマンボウ青春記・どくとるマンボウ途中下車(新潮社、1977年) どくとるマンボウ青春記(新潮社、2000年)ISBN 4-10-113152-X 長野県文学全集 第3期(現代作家編)第3巻(郷土出版社、1977年)ISBN 4-87663-157-3 関連項目 ストーム (学生生活) トーマス・マン バンカラ 穂高岳 杜の都 弊衣破帽。

退く

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

ドイ

概要 (Wikipediaから引用)

株式会社ドイとは、かつて日本にあったカメラ小売店である。通称「カメラのドイ」と呼ばれていた。本社は福岡市にあった。1949年に創業、1959年に法人化され、九州をはじめとして、関西や関東などに進出して拡大した。また取扱品もカメラや写真関係だけではなく、家電製品や情報機器などにも進出した。しかし、バブル崩壊後の不況によって、他店との競合が激しくなり経営難に陥り、末期には中古カメラや写真の同時プリントに特化した。しかし経営はよくならず、2003年8月に民事再生法を申請して再建を進めた。不振店舗の閉鎖などを進めていったが、2006年3月に再建を断念し破産手続きに入った。