「どう」とは?

言葉 詳細

概要 (Wikipediaから引用)

道(みち、どう、タオ、ド) 一般名詞 道路 通路 道 (行政区画) 特に、現代日本では、国内で唯一の「道」である北海道を指すこともある。 道 (哲学) - 中国哲学での概念 道教、およびその教義 悟り(仏教の) 六道の各々。地獄道・餓鬼道・畜生道・修羅道・人間道・天道。 道徳・人道 古代日本における学科の名称。大学寮では明経道・算道・音道・書道・紀伝道・明法道が、陰陽寮では陰陽道・暦道・天文道が、典薬寮では医道が存在した。 武芸 (日本) - 日本における価値観。哲学とも言われ、一つの物事を通じて生き様や真理の追究を体現することや自己の精神の修練を行う事。「残心」に代表される日本独特の所作や価値観を内包する。 武道 - 剣道・柔道・弓道・空手道など 芸道 - 茶道・華道・書道・日本舞踊など その他 - 近年、近代では武芸に含まれない物事などにも道を付けて表現する事がある。 道 (グラフ理論) 絵画 道 -画家 東山魁夷の有名な作品の1つ。

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

概要 (Wikipediaから引用)

銅(どう)は原子番号29の元素。元素記号は Cu。 周期表では金、銀と同じく11族に属する遷移金属である。英語でcopper、ラテン語でcuprumと言う。 語源 ラテン語では cuprum と言い、元素記号Cuはラテン語の読み、さらに cyprium aes(キプロス島の真鍮)に由来し、キプロスにフェニキアの銅採掘場があったことに由来する。 英語のcopperはラテン語のcuprumに由来し、「カッパー」ないし「コッパー」と呼ばれる。しばしばbronze(ブロンズ)が銅を示すと言われるが誤りで、bronzeは正確には青銅を指す。なお、銅メダルの素材は確かに青銅であり、Bronze Medal(ブロンズメダル)というのは正しい。 日本での名称 その色から赤金、銅(あかがね)と呼ばれた。江戸時代には精錬技術が発展し、純度の高い銅を素銅(すあか)、不純物を多く含む銅を山銅(やまがね)と呼び、区別するようになった。

概要 (Wikipediaから引用)

『ドラえもんの道具 (とあ-とこ)』より : ドラえもんのひみつ道具 (とあ-とこ) では、藤子・F・不二雄の漫画『ドラえもん』、『大長編ドラえもん』(VOL.1〜17)、藤子・F・不二雄のその他の著作に登場するひみつ道具のうち、読みが「とあ」で始まるものから「とこ」で始まるものまでを列挙する。 透視シール 透視スクリーン 透視スクリーン(とうしスクリーン)は、「異説クラブメンバーズバッジ」(てんとう虫コミックス23巻に収録)に登場する。 この道具を壁面に設置すると、壁面を透視して向こう側の景色がスクリーン上に表示される。作中では、地底世界から地面を透視して地上の様子を見るために使用している。 透視台と透視シール 透視台と透視シール(とうしだいととうしシール)は、「透視シールで大ピンチ」(てんとう虫コミックス23巻に収録)に登場する。 本、手紙、ノートなどの中身を見るための道具。目の描かれたシール「透視シール」を透視したいものに貼っておくと、その中身の文面が「透視台」のスクリーン上に表示される。

概要 (Wikipediaから引用)

『初芝清』より : 初芝 清(はつしば きよし、1967年2月26日 - )は、東京都豊島区出身、埼玉県富士見市育ちの元プロ野球選手、千葉ロッテマリーンズの内野手として活躍した。二松学舎大学附属高等学校 二松学舎大学付属高校卒。社会人野球東芝硬式野球部 東芝府中出身。2005年限りで引退。2006年からはニッポン放送解説者、千葉テレビ放送 チバテレビ解説者、サンケイスポーツ野球評論家。東京シティベースボールクラブゼネラルマネージャー。愛称“初さま”。埼玉に移り住んだ小学4年より野球を始める。二松学舎大付属高校では、2学年時からエース投手・3番打者で活躍し、高3夏の東東京大会は惜しくも準優勝で甲子園ならず。同校卒業後は社会人野球の東芝府中に入社、打者に転向し、内野手としてプレーする。都市対抗野球に3回出場した。1989年ドラフト会議 ドラフト4位で千葉ロッテマリーンズ ロッテオリオンズに推定年俸520万円で入団。1995年には第一次ボビー・バレンタイン バレンタイン政権の5番打者となり、打率.301、ホームラン 本塁打25本、打点80で自身初の最多打点 打点王、三塁手のベストナインに輝いている。またこの年球団初の1億円プレーヤーとなる。

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

どう

概要 (Wikipediaから引用)

『水曜どうでしょう』より : 『水曜どうでしょう』(すいようどうでしょう、How do you like wednesday?)は、北海道テレビ放送(HTB)制作のバラエティ深夜番組。通称は「どうでしょう」・「水どう」・「どうリタ(リターンズ)」・「どうクラ(Classic)」など。シンボルキャラクターは福助人形。 北海道のローカル番組ながら、旅をメインとした様々な企画を行い、口コミやインターネットなどでファンを拡大した。レギュラー放送は2002年9月に終了したが、再放送である『どうでしょうリターンズ』・『水曜どうでしょうClassic』(水曜どうでしょうシリーズ参照)が今日でも各地で放送されており、2007年には全国47都道府県すべてで放送を達成した。そしておよそ数年に1回のペースで『水曜どうでしょう』自体の新作も撮影・作成され、こちらも北海道での本放送開始を皮切りに順次放送されている。また、番組を再構成・再編集したDVD『水曜どうでしょうDVD全集』も発売されている。 1996年10月9日に放送を開始。レギュラー出演者は鈴井貴之(以下「鈴井」)と大泉洋(以下「大泉」)、ロケ同行ディレクターは藤村忠寿ディレクター(以下「藤村D」)と嬉野雅道ディレクター(以下「嬉野D」)の2名。