「どうか」とは?

言葉 詳細
道家

概要 (Wikipediaから引用)

『老荘思想』より : 老荘思想(ろうそうしそう)は中国で生まれた思想。道家の大家である老子と荘子を合わせてこう呼ぶ。道家の中心思想としてとりわけ魏晋南北朝時代に取りあげられた。 老荘思想が最上の物とするのは「道」である。道は天と同義で使われる場合もあり、また天よりも上位にある物として使われる場合もある。「道」には様々な解釈があり、道家の名は「道」に基づく。 『老子』『荘子』『周易』は三玄と呼ばれ、これをもとにした学問は玄学と呼ばれた。玄学は魏の王弼・何晏、西晋の郭象らが創始した。 老荘思想は老子から始まるが、老子はその生涯があまり良く解っておらず、実在しなかったという説もある。 老荘の名以前に黄老(こうろう)があり、戦国時代から漢初に流行した。 老子と荘子がまとめてあつかわれるようになったのは、前漢の紀元前139年に成書された百科的思想書の『淮南子』(えなんじ)に初めて見え、魏晋南北朝時代のころの玄学において『易経』『老子』『荘子』があわせて学ばれるようになってからであろう。

道歌

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

銅貨

概要 (Wikipediaから引用)

銅貨(どうか Copper coin)とは、銅を素材として作られた貨幣をいう。 銅は卑金属ではあるが鉄や錫などに比してイオン化傾向が低く酸化しにくいとされ、錫との合金である青銅は古くから装飾品や武器などに広く使用されて、精錬法も良く知られた身近な金属であったため、貯蔵性や可搬性の利点から鋳造貨幣として広範に利用された。ただし厳密な意味での鋳造(鋳型に溶かした銅を流し込んで成形する)は東アジアに限られ、オリエントやヨーロッパではプレス加工による成形が主流であった。 耐食性に優れるとはいえ材質としての価値は貴金属としての金銀に比べ大きく劣るため、本位貨幣の少額決済における不便さを補填するための「補助貨幣」としての性質が大きかった。よって中国や日本では金銀が砂金や丁銀など秤量貨幣の体裁を取ることが多かったのに対して、銅は権威性を備えたコインとしての体裁が求められ、鋳造の品質が信用(=価値)に直結した。銅地金と額面との差額は貨幣発行益として政府の財政収入となるため、760年(天平宝字4)の万年通宝発行時には差益を狙って鋳造された私鋳銭が市場の半数を流通したという。

導火

概要 (Wikipediaから引用)

導火線発破技士(どうかせんはっぱぎし)とは、労働安全衛生法による導火線発破技士試験に合格し、その免許を有する者をいう。 この免許は、法令改正により1971年(昭和46年)4月1日以降電気発破も含めた「発破技士」に制度が変更されており、その前日限りで新規交付は終了している。ただし、発破技士免許への自動移行(格上げ)措置はなされなかったため、現在も免許の区分としては存続しており、所有者が免許証を紛失・滅失等した場合は、別途現行の発破技士免許を取得していない限りそのまま導火線発破技士免許として再交付される 。 採石現場や建設現場などで発破を行う際、導火線を用いての発破などを行う。 試験 現在は新規取得できない免許であり、導火線発破を含む発破作業を行うには発破技士免許試験に合格する必要がある。 導火線発破技士免許の所持者は、発破技士免許試験の3科目のうち「火薬類の取扱い」と「火薬類の知識」が免除される。 試験科目 試験は学科のみで実技はない火薬類の知識 火薬類の取扱い 導火線発破の方法 脚注 関連項目 発破技士 電気発破技士 参考資料 労働省安全衛生部安全課編『新・発破技士テキスト』(中央労働災害防止協会、平成11年第2版) 外部リンク http://www.niigata-roudoukyoku.go.jp/kyoutuu/menkyo/20090319menkyoshikaku.pdf 免許資格就業制限に係る業務について 就業制限にかかる免許・技能講習の変遷は次のとおりです。

銅戈

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

同化

概要 (Wikipediaから引用)

同化(どうか) 異なる文化が、別の文化に吸収されること。同化政策。 生物学上の同化は同化 (生物学)を参照。 音声学上の同化は同化 (音声学) を参照。 スタートレックシリーズに登場する機械生命体集合体が行う同化はボーグを参照。

どうか

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。