「どうかいわん」とは?

言葉 詳細
洞海湾

概要 (Wikipediaから引用)

北九州市の北西部に位置し、沿岸部は北九州工業地帯ならびに北九州港の一郭で、大規模工場が隣接して立地する工業地帯である。沿岸部の八幡周辺は1901年(明治34年)の官営八幡製鐵所(現・新日本製鐵)の操業を契機として工業が発達し、沿岸部は大半が埋め立てられ、工業用地・港湾として利用されている。埋め立て以前の海岸線は、おおよそ九州旅客鉄道 JR鹿児島本線および筑豊本線に囲まれた部分まであった。紀元前3世紀ごろに湾が形成され、遠浅で水深が浅く、19世紀まではクルマエビの漁場となっていた。また、洞海湾に注ぐ一級河川は存在せず、閉鎖性の高い海域である。八幡製鐵所が洞海湾に面して立地したことで、洞海湾沿岸を埋め立て、工場を建設し、北九州の工業化が加速していった。また、対岸の若松区 若松も筑豊炭田の石炭積出港として発展し、湾内は多くの船が行き交っていた。