「どうが」とは?

言葉 詳細
道賀

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

動画

概要 (Wikipediaから引用)

動画(どうが、英: video、movie)とは、動く画像(動画像、英: videograph)のことで、映像と呼称されることも多い。アニメーションの日本語訳でもある。 静止画と対極の語であり、狭い定義では「動く画像」、広い定義では時間軸に同期させた音声・音楽と共に提供されるメディアパッケージを指す場合もある。選択した静止画を順次切り替える「スライドショー」「紙芝居」とは異なり、連続して変化する静止画像を高速に切り替え続けると人間の視覚の錯覚として静止画が動いているように見えるベータ運動を利用した表現様式(メディア)である。 日本語における「動画」は、アニメーター・映像作家である政岡憲三がアニメーションの訳語として考案・提唱したものが最初とされているが、今日ではアニメーションのみにとどまらず、上記のような性質を持った表現様式も含む映像物を指す言葉として使用される。

童画

概要 (Wikipediaから引用)

童画(どうが)とは大人が子供向けに描いた絵画である。 1925年に武井武雄が開催した個展「武井武雄童画展」で初めて童画という言葉が使われた。それまで童話の添え物として軽視されていたこの分野を芸術の域まで引き上げることをめざして造語したもので、1927年には武井武雄、初山滋、川上四郎、岡本帰一、深沢省三、村山知義、清水良雄ら7人で「日本童画家協会」を結成した( - 1941年)。 童画という呼称はその後広まった。 略年表 1925年 童画という言葉が初出 1927年 日本童画家協会結成 1941年 日本童画家協会解散(戦時政策として日本少国民文化協会に統合) 1946年 日本童画会結成 1961年 日本童画会解散 1962年 (第二次)日本童画家協会結成(川上四郎、武井武雄、初山滋、黒崎義介、林義雄) 1975年(昭和50年)12月23日 - 現代童画会創立(発起人:河野日出雄、西川比呂夫、富永秀夫、五百住乙人、石田武雄、戒能正浩、川本哲夫、郡慧子、駒宮録郎、北田卓史、田沢茂、深沢邦朗、吉田迪彦) 1983年 日本童画家協会解散(武井武雄の急逝により) 脚注 関連項目 イラストレーション 挿絵 絵本 絵本美術館 コドモノクニ イルフ童画館 外部リンク デジタル大辞泉、大辞林 第三版、日本大百科全書(ニッポニカ)、世界大百科事典『童画』 - コトバンク 武井武雄記念(イルフビエンナーレ) 日本童画大賞 現代童画会。