「ない」とは?

言葉 詳細

概要 (Wikipediaから引用)

ブルガリア・マケドニア・アドリアノープル革命委員会の規則第1章 - 目的”第1項 ブルガリア・マケドニア・アドリアノープル革命委員会の目的はマケドニア・アドリアノープル地域における全ての政治的自治権を保障することである。””第2項 この目的を達成するため、委員会は第1項にかかげた地域におけるブルガリア人の自衛に対する意識を高め、口頭または書面を通じて革命思想を広め、武装蜂起を準備し、促す。”第2章 - 組織と構成”第3項 ブルガリア・マケドニア・アドリアノープル革命委員会の構成員になれるのはブルガリア人であり、性別の区別なく…”マケドニア・アドリアノープル秘密革命組織の規則第1章 - 目的”第1項 マケドニア・アドリアノープル秘密革命組織は、マケドニア・アドリアノープル地域における全ての不満要因を糾合し、民族の別に関わらず、革命を通じて、全ての政治的自治権を勝ち取る目的を有する。”

無い

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

ない

概要 (Wikipediaから引用)

タイトル ないしょのプリンセス ジャンル 少女漫画 作者 水沢めぐみ 出版社 集英社 掲載誌 りぼん レーベル りぼんマスコットコミックス 開始 1995年4月号 終了 1996年8月号 巻数 全4巻 その他 ないしょのプリンセスは、水沢めぐみによる少女漫画作品。漫画は「りぼん」(集英社)に1995年4月号~1996年8月号まで連載された。水沢はコミックス第4巻でこの作品について、自分の作品は男の子と女の子が両思いになると終わってしまうものばかりだったので、その後を描きたかったと述べている。また、もっと明るい喜劇 コメディ風にしたかったのにシリアスになってしまって困ったとも述べている。同じ幼稚園に通う幼稚園児の鈴木奏と柴田航生は、家も社宅の隣同士で大の仲良しだったが、母親同士の仲が非常に悪く、奏は母親から「航生君と仲良くしちゃだめ」と言われており、航生も母親から「奏ちゃんと遊んじゃだめ」と言われていた。それでも二人は母親の居ないところで仲良く遊ぶ日々だったが、奏が6歳の時に航生が北海道に引っ越してしまう。奏は航生を忘れられず手紙を書いて出したりもしたが、母親同士の仲が悪い為か、航生とは一度も連絡は取れなかった。そして7年が経ち、奏は成英大附属中学2年生になる。始業式の日に奏のクラスに転学 転校生が来るが、それは柴田航生であった。奏は再会を喜ぶが、航生は奏を覚えておらず、奏に対してそっけない態度であった。航生が引っ越してきた家は奏の家の隣であったが、奏が航生に告白すると、航生には既に恋人がおり奏は振られてしまう。航生が奏のクラスに転校してきた事は、その日のうちに奏の母親にも知られるところとなり、奏は母親からまた「航生君とは仲良くしちゃだめ」と言われてしまう。それから紆余曲折を経て恋人同士になれた奏と航生であるが、二人で手をつないで歩いているところを奏の母親に目撃されてしまい、奏は母親から「航生君と付き合ったら転校させる」と言われてしまう。その事を奏が航生に相談すると、航生も同じ様な事を母親からわれていた。二人はやむをえず周囲に内緒で付き合う事にする。しかし内緒にしている為に、周囲の生徒から色々と誤解をされてしまう。奏と隆一郎(奏と航生の幼なじみの友人で奏に恋をしている)が恋人同士だと思われたり、航生に恋をする下級生が現れたり、奏に恋をする下級生が現れたりして、彼らと文化祭で劇をやったり、部活の試合に行ったり、スケートに行ったり、遊園地に行ったり、彼らから告白されたりしていくうちに、徐々に周囲の生徒も「本当は奏は航生と付き合っているのではないか」、という事に気付いていく。そしてついに二人が付き合っている事を二人の母親に知られてしまい、奏は母親から激しく怒られてしまう。そして二人は交際をやめる事を決めてしまうが、周囲の友人たちの励ましもあって「親に反対されても転校させられても、恋人同士でいよう」と決心する。やがて母親同士も仲良くなり、奏と航生の交際を認めてくれるようになり、2年生の3学期の「3年生を送る会」が終わった後でハッピーエンドで終わる。

ナイ

概要 (Wikipediaから引用)

ナーイ - アラブ音楽で使われる笛。 ナイ - パンパイプ(管楽器)のルーマニアでの呼称。 Nye(人名) #ジョセフ・ナイ - アメリカの国際政治学者。

なぐ

概要 (Wikipediaから引用)

『グラムドリング』より : グラムドリング (Glamdring) はJ・R・R・トールキンの架空世界である中つ国に登場する架空の剣。 グラムドリングは、第一紀にゴンドリンの王トゥアゴンのために鍛えられた。数千年の間失われていたが、『ホビットの冒険』においてガンダルフがトロルの洞穴で(オルクリストやつらぬき丸とともに)発見し、所有した。ガンダルフは『指輪物語』においてもグラムドリングを使い続けていた。 グラムドリングは敵くだき (Foe-hammer) という意味であり、『ホビットの冒険』ではゴブリンになぐり丸 (Beater) と呼ばれていた。 グラムドリングは『ホビットの冒険』において「美しい鞘と宝石細工の施された柄」を持っていると描写されており、エルロンドはグラムドリングを「敵砕きという名で、ゴンドリンの王がかつて差していたもの」と説明している。『終わらざりし物語』では「トゥオルおよびかれがゴンドリンを訪れたこと」の注釈の一つでトゥオルの剣は「象牙の鞘に入った白と黄金の剣」であると描写されている。

綯う

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

鳴く

概要 (Wikipediaから引用)

『副露』より : 副露(フーロ)とは、麻雀において、他のプレイヤーの打牌を取得することにより面子を完成させることをいう。チー、ポン、カン(大明槓)の3種類がある。鳴く、喰う、晒す、叩くなどともいう。 広義には、暗槓や加槓を含めて副露と呼ぶこともある。詳細は槓を参照。 他のプレイヤーの打牌により和了すること(ロン)は副露とは別の行為である。 なお、副露していない状態を門前(メンゼン)と言う。 チー 手牌の中に搭子が存在する場合、上家(左側のプレイヤー)の打牌を取得して順子を完成させることができる。これをチーという。なお漢字表記は吃である。 チーの手順は次のとおり。 上家の打牌の後、ワンテンポおいた後に「チー」と明瞭に発声する。 手牌の中の該当する2枚の牌を公開し、打牌された牌とともに卓の右側に並べる(晒す)。 手牌のうち任意の1枚を打牌する。なお、どの牌をチーしたのかを明示するため、チーした牌を横向きにして晒す。 ポンとは異なり、上家の打牌に対してのみ可能であるという点に注意が必要である。また、三人麻雀ではチーはできない。 ある打牌に対して、ポンやカン(大明槓)の発声が同時に行われた場合は、ポンやカンを優先する。

凪ぐ

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

薙ぐ

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

泣く

概要 (Wikipediaから引用)

『木多康昭』より : 『泣くようぐいす』(なくようぐいす)は、週刊少年マガジンで連載されていた木多康昭の少年漫画作品である。 千葉県幕張地区にある高校の野球部を舞台としたギャグ漫画でありスポーツ漫画。前作『幕張』の終了から2年、籍を講談社に移しての第1作目で前作同様多くのパロディがある。 ストーリー 千石うぐいすが、あるきっかけで真面目に(?)野球をやり始めることになり、ライバルである原幕との試合や、幕張第一野球部内の出来事を時にシリアスに、時にコメディに描く。 当初は不純な動機や適度な脱線も折りまれつつも、野球漫画路線を突き進んでいたのだが、途中でギャグ漫画路線に変更となる。しかし、本作の打ち切りが決定するや否や、また野球漫画に回帰。後の展開の伏線をはりつつも、最終的には主人公の夢オチで終わる。 登場人物 幕張第一高校 千石うぐいす(せんごく うぐいす) 主人公。幕張第一高校野球部員(通称・幕一ナイン)の1年生で、守備位置はセンター。小口詩織にドッキリをやられ、彼女を見返すために真面目に甲子園を目指す。

なう

概要 (Wikipediaから引用)

NOW、ナウは、英語で「今(現在)」。 日本のプロレス団体ネットワーク・オブ・レスリング Now That's What I Call Music!はEMI、ユニバーサルミュージックのコンピレーションCD。日本盤はかつて東芝EMIから発売されていた。 National Organization for Women、全米女性機構。アメリカのフェミニスト団体。 相模原駅の駅ビル「相模原ナウ」。JR東京西駅ビル開発#相模原ナウを参照。 八王子駅の駅ビル「セレオ八王子 北館」の旧称「八王子ナウ」。(2012年10月24日まで) 鬼束ちひろの2007年発表の楽曲。シングル『僕等 バラ色の日々』収録。

なく

概要 (Wikipediaから引用)

『なくもんか』は、2009年11月14日に公開された日本映画である。キャッチコピーは「これは”泣ける喜劇”か”笑える悲劇”か!?」。 あらすじ 東京の下町、「善人通り商店街」にある「デリカの山ちゃん」は毎日行列のできる超人気惣菜店。その店を切り盛りする「二代目山ちゃん」こと祐太(阿部)は「究極の八方美人」とよばれるほどの働き者で親切な男。商店街の住人たちは何か困ったことがあれば祐太に頼み、祐太もいやな顔一つせず引き受けていた。祐太は8歳のときに父・下井草健太(伊原)に店に置き去りにされて以来、店主夫婦に「なんとな〜く」で可愛がられた事で、祐太はその恩返しとばかりに一生懸命働き、次第にわが子同然に育てられ今は故人となった店主から40年間継ぎ足してきた秘伝のソースを受け継ぐ立派な後継者となっていたのである。

和ぐ

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

啼く

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

哭く

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。