「ないか」とは?

言葉 詳細
内科

概要 (Wikipediaから引用)

内科学(ないかがく、英語: internal medicine)は、主に身体の臓器(内臓)を対象とし、一般に手術によらない方法での診療とその研究を行う医学の一分野。医学において古代よりその基礎中心ともいえる領域。 日本の代表的内科学書、朝倉書店刊「内科学」によれば「内科学は疾病の本態と原因を明らかにし、疾病を発見し、対処して、患者の社会生活を可能な限りに健康的に維持するための臨床科学である」としている。 対照的に外科学がある。 古代 内科学は医学の原点として、紀元前3000年ごろ、エジプト文明,メソポタミア文明に始まり、紀元前2000年ごろには古代中国、インドでもそれぞれ発祥したといわれている。古代中国では紀元前の五帝時代には「黄帝内経」という医学書が編纂されている。 紀元前400年ごろにエジプト・メソポタミア医学がギリシャ医学に移り、ヒポクラテス医学となって、呪術、哲学と分離された。 中世 現代 現代の内科学は、物理学、化学、薬理学とともに発展してきたといえる。