「ないしょく」とは?

言葉 詳細
内職

概要 (Wikipediaから引用)

内職(ないしょく)とは、在宅で仕事を行い収入を得ること(委託)。 従来は役所や公共職業安定所・商工会議所での募集だったが、近年では、インターネットの普及に伴って、自身のウェブサイトに広告を載せることで報酬を得るアフィリエイトやテレビ電話で接客する「ネットキャバクラ」等が目立ってきている。 手加工等を伴う作業を在宅で行い、出来高個数に応じて契約報酬を受け取るものが元来の内職である。いわゆる、主婦が、家事の合間にする賃仕事。 内職とは 内職の始まりは、家内工業である。その起源は江戸時代の武士の内職とも言われる。 現代では、内職といっても様々な種類があり、手加工を伴う内職本来の仕事から、悪徳な内職商法まで様々である。 内職の内容 内職本来の意味で言う、手加工を伴う内職は、紙を加工するものから、箱の組み立て、さらには塩ビ系素材の組み立てなど様々である。 近年では、インターネットの普及に伴って、アフィリエイトやテレビ電話で接客する「ネットキャバクラ」等が目立ってきている。