「ないじ」とは?

言葉 詳細
内耳

概要 (Wikipediaから引用)

内耳(ないじ、英語: inner ear、ドイツ語: inneres Ohr、ラテン語: auris interna)は、耳の最も内側にあたる部分である。ここではヒトの内耳について、専門家以外にも理解しやすいよう述べる。 概論 耳は外側から内側へ向かって外耳、中耳、内耳に分けられる。おおまかに述べると外耳は外界から鼓膜までの部分、中耳は鼓膜とその奥(内側)にある鼓室、ならびに鼓室と鼻腔を結ぶ耳管である。内耳は中耳のさらに奥にある器官で、頭蓋骨の中(細かく言うと頭蓋骨の一部である側頭骨の、錐体と呼ばれる部分の内部)にある複雑な形の腔の中に、聴覚や平衡覚に関与する装置をもつ。 内耳は大きく蝸牛、前庭、半規管の3つの部分に分けられる。蝸牛は聴覚に関与する器官であり、ここに音を神経(蝸牛神経)に伝えるための構造がある。前庭・半規管は平衡感覚(重力の向きや、直線加速度、角加速度)を受容するための器官である。 内耳の構造と機能の概要 内耳を形作る側頭骨の腔は複雑な形をしており、これを骨迷路 osseous labyrinth と呼ぶ。

内示

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。