「ないじょうし」とは?

言葉 詳細
撫牛子

概要 (Wikipediaから引用)

撫牛子駅(ないじょうしえき)は、青森県弘前市大字撫牛子一丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)奥羽本線の駅である。難読駅名として知られる。 川部駅から乗り入れる五能線の列車も停車する。 1935年(昭和10年)4月15日 - 国鉄の駅として中津軽郡和徳村に開業。 1971年(昭和46年)10月1日 - 無人化。 1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化によりJR東日本の駅となる。 構造 相対式ホーム2面2線を持つ地上駅。互いのホームは跨線橋で連絡している。 弘前駅管理の無人駅。簡易自動券売機が設置されている。 のりば 駅周辺 2000年ころまでは陸奥製パンの工場があった。その工場跡地にあるのが新興住宅街である。 弘南バス撫牛子バス停(青森県道260号石川百田線沿い) 境関温泉(青森県道128号松木平撫牛子停車場線沿い、徒歩15分弱) ローソン弘前撫牛子店 その他 かつては普通列車でも当駅を通過する列車があった一方で、2014年3月14日まで快速「深浦」が停車していた。