「ないせい」とは?

言葉 詳細
内政

概要 (Wikipediaから引用)

行政(ぎょうせい、英:administration)とは、立法および司法と並ぶ国家作用の1つである。法律などにより決定された内容を実現する側面に着目して、執行(しっこう、英:executive)とも呼び、国によってはこの呼び方がむしろ通常である。 定義 行政学上の定義 「政治体系において権威を有する意思決定者によって行われた公共政策の決定を実行することに関連する活動」などと定義される。 行政法学上の定義 法律学においては立法や司法と並ぶ一つの国家作用である。立法権、司法権と並び、統治権の一つとして、行政を行う権能を行政権という。 = 実質的意義の行政 = 国家作用が作用自体の性質という点に着目して立法、司法、行政に三分類されるとき、これらはそれぞれ実質的意義の立法、実質的意義の司法、実質的意義の行政と概念づけられる。

内省

概要 (Wikipediaから引用)

『本省人』より : 本省人(ほんしょうじん)においては、1945年の「台湾光復」以前より、中国大陸各地から台湾に移り住んでいた人々およびその子孫の人々について説明する。 「本省人」と「外省人」という用語 「本省人」・「外省人」という用語は台湾に限る用語ではない。まず本省人の本来的概念は、中国の当該省(どの省でもよい)に自分もしくは父祖の本貫(本籍地)があって、現にそこに住んでいる、自分と仲間たちを自称する場合に多く使われる。従って、当該省に本貫を持たない他省からの来省者は、「外省人」となる。このように「本省人」・「外省人」の用語は一般的な用語であるが、台湾においては、エスニシティ(族群)としての両者の違いが強く意識される。 すなわち、1945年(昭和20年)8月のポツダム宣言受諾による日本の降伏により、台湾は連合国の一員であった中華民国の一つの省である「台湾省」に編入され、10月25日には、中国戦区最高司令官蒋介石の代理である陳儀が、最後の台湾総督安藤利吉から降伏を受けた。