「ないせん」とは?

言葉 詳細
内線

概要 (Wikipediaから引用)

内線電話(ないせんでんわ)とは、組織内専用の電話番号で通話できる電話網である。公衆交換電話網と相互接続されているのが一般的である。有線電気通信法では、電気通信事業者以外が設置するものを私設電話と呼ぶ。 大規模な企業では、電気通信事業者から専用線を借り構内交換機を設置したり、仮想内線網サービスを契約したりして、内線電話網を構築している。 小規模な事業所では、ビジネスフォン・多機能ボタン電話システムまたはキーテレホンと呼ばれる、小規模内線電話システムが導入されている場合が多い。交換機能を担う主装置と複数の端末のセットでシステムを構成する。 内線電話網に求められる機能 内線通信網へ求められる機能として次があげられる。 通話機能 ダイヤルイン 外線から端末に割り当てられた電話番号で直接呼び出すもの。月額付加使用料金が必要であるが、接続されなかった場合に通話料金が不要である。 追加ダイヤルイン(セカンドトーン呼出し) 外線から呼出し用代表番号へ発信し、内線番号をDTMFで呼出すもの。

内戦

概要 (Wikipediaから引用)

内戦(ないせん。英語:civil war)とは、国家の領域内で対立した勢力によって起こる、武力紛争を指す。 用語 「内戦 (civil war)」と「内乱 (rebellion)」は同義に用いられることも多く、厳密な区別はない。しかし、一般的には、暴動の範囲内である事象を「内乱」と呼び、武力を用いる形態にまで発展した事象を「内戦」と呼んで区別する場合もある。欧米言語では「civil war」(英語)や「bellum civile」(ラテン語)や「Bürgerkrieg」(独語)というように「市民戦争」「市民同士の戦争」という言い方をする。 ただし近代的な国際関係・国際秩序が形成された1648年のヴェストファーレン条約前の時代では、内戦と対外戦争との区別は明確ではない。又、政府が倒されて政治体制が転換された場合には、フランス革命、共産主義革命、ルーマニア革命 (1989年)のように、内戦や内乱ではなく「革命」という表記を用いる場合も多い。